ばよりん

ついにニコロサンティを手に入れる

ついに買ってしまいました。
ニコロサンティ。
職場で子供たちの前で弾くために使います。
ケースと弓、肩当てに松ヤニまでついて五万円しません。
今日は購入するつもりである事を前提に、
セットに付いている弓に松ヤニ塗って試奏させてもらいました。
弓はまあ、値段相応。
材質はおそらくブラジルウッド。
コシが弱い分弓を強めに張らないといけないけど、まあコシが弱いのだから、その張力にもあまり持ちこたえられずといった印象。
でも悪くはない。弓の特性を手が掴めば、ちゃんと密度のある音が出る。
楽器と同様、出せる音量には限界はあるが、何より操作しやすい。演奏する上での支障がないのがいいです。
大学オケの部室にあるような貸出用の安いバイオリンは、音は出るけどペグの作りが雑でチューニングするのにストレスだったり、吹き付け塗装でピカピカのカチカチボディでは振動するわけがなく、メタリックな音しか出ません。おまけに板も厚くしないと強度が保てないので、重たいし響かない。やはり二十万くらい出して東欧の手工品を手に入れないとダメかなあというのが、これまでの認識。
でも今回の四万円代のセットは、ある意味革命的です。
下手したら昔弾いてたチェコ製の愛機、ヤンバスタよりいい音がするかも?しれません。
このニコロサンティ、
実際に手にすると、このコスパの良さの理由が見えてきます。弓に関して言える事が、楽器本体にも言えるのです。
つまり材料の質について。
今回購入したニコロサンティの表板の木目は、僕の相棒であるタマスグミナールさんよりかなり密度が薄い。
裏板についても同様の事が言えます。
ネックの材も、あまり綺麗な木目ではありません。

ところが反面、造りがとても丁寧。
実際手にすると、その手触り肌触りがホンモノなんです。
この価格帯で、可能な事を、誠心誠意いたしましたっていう想いが、楽器からちゃんと伝わってくるのです。
これがこの値段なんて信じられない!
安心して弾く事ができます。
そして、楽器を弾くという幸せが十分味わえる箱になっている。

マイスター茂木さん、
ありがとう!これはすごい!





| | コメント (0)

フィジカルからロジカルへ

今夜もまたバイオリン。
誰に聴かせるでもなく、
ただ自分の為だけに。

こうやって楽器を弾くのは、
ちょっぴりテレビゲームにも似ている。
最近息子がハマっているニンテンドースイッチ。
オデッセイとかいうらしい。
よくわからない。

空間にポツンと降り立つ。
いろいろと試してみる。
上手くいくときもあれば、そうでないときもある。
ただ、そうやって試しながら、
新しい自分が生まれるのを感じる。
昨日は気づかなかったものが、
急に見えてくることもある。
今まで見ていた世界が、ガラッと変わり、
分からなかった事の意味がふいに立ち上がる。

こと楽器演奏の技術に関して、
僕の二十代、三十代は、
ほぼフィジカルな課題に対するアプローチだった。
自分の身体に対するイメージを一つずつ再構築することで、
できないと思っていた事が、
手の内に入るようになる。
繰り返しのスポ根的なエクササイズだけでなんとかしようとするのではなく、感覚を研ぎ澄ます作業。

ブルース リーじゃないが、
「考えるな、感じろ」だ。

肩甲骨から腕である、あるいは鎖骨と胸骨の接点からが腕であるという気づきは、僕の身体意識を根底からくつがえす革命だった。
もう一つは、左手のこと。
手のひらをネックの方に向けるのではなく、指を扇のように開く事。そこに至るには、まず骨格上指が何処から生えているかを意識する必要があった。
右手に関して言えば、手の内旋外旋は尺骨を軸に行われているという事を知る事で、ボウイングが途端にスムーズになるという、つまり小指側を意識する事により、腕は背中から一体になって羽ばたくという事実。
今思えば必然だったが、ある時期から肩当を外すことになり、楽器を鎖骨に載せるようになると、
ますます身体と楽器は近くなり、いくら弾いても以前程は疲れなくなった。

身体に関する事を気にかける必要がなくなればなくなるほど、演奏自体に余裕が生まれた。
つまり、そこに冷静な思考が立ち現れる事になる。

楽譜を読んで、そのままを再現する。
演奏にパッションはいらないのかもしれないとすら最近は思う。
ロジカルな思考を、冷静に、正確に再現する。
楽譜に書かれた情報は、
つまりはそれをちゃんと再現しさえすれば、
ちゃんと美しいわけで、
それ以上でもそれ以下でもないという、
当たり前と言えば当たり前の事。

でも、もし楽譜の情報を再現するだけだったら多分足りない。
音にする過程において、そこには根拠なり理解なり哲学が必要なんだと気づく。
楽譜は設計図。
マニュアルの先にある意図を見通す事で、
毎日は僕たちの手の内に入る。
つまり音に主体性が現れる。
つまり、ただ気合いやパッションでかき鳴らしてもあまり解決はしないのだった。
そう思うと、もしかしたら
5年くらい前と今とじゃ、僕の音は随分と違うのかもしれない。それがいいのか悪いかは、とりあえず抜きにして。

| | コメント (0)

スイング(振り子のように)

音楽を聴く時に使う脳の部位が、記憶を司る部位と近いものだから、人は音楽によって過去を想起しやすいのだ。という都市伝説がある。
あるいは音楽は右脳を刺激するから、過去のイメージを引き出す触媒になるのだという説もあるらしい。

僕が勝手に思っているのは、
音楽は聴いているときは右脳。
弾いているときは左脳。
ということ。

脳細胞は年齢があがるほどに淘汰され死滅し続けるらしいけど、それと同時に使われなかった場所の開拓も続いてゆくらしい。
僕は、たぶん三十代前半くらいまで、
こと音楽に関しては殆ど右脳のみで処理していたと思う。
全体の大きな空間の中の響きとして、全部ひっくるめて感じていた。
サウンドの匂いとか、色、空気を感じながら、誘発されるイメージの湖に漂うのが好きだった。
しかし、こと音を生み出す側においては、
それとは違った感覚がある事を後になって知った。

それまで僕は喩えて言うなら、森の中を彷徨い歩いていた。
しかし霧深く、これまで一つの塊として感じる対象だった森が、実は木々や生物達の複雑な関わり合いによって編み込まれたタペストリーだと気付いた時、
その編み方には、哲学や法則、定理がある事を実感する事になった。
三次元から二次元へ。
そこに論理的な糸が登場した事により(いや、もともとあったのに見えなかっただけなのだけど)
一気に森が都市に変わる。
神話が科学に置き換わる瞬間。

半ば強引に言うなら、
科学というのは、
分析であるかもしれない。
それはチャーリーパーカーのアドリブを、バークリー音楽大学が分析してメソッド化したように、ある突発的な現象を後から解析して意味付けし、体系化する事により、パブリックドメイン化する事なんだとも言える。

なぜ?から探求が始まり、
誰にでも通じる形にまで理論化される。
これが科学的な知の確立のプロセス。
むしろそれ自体が科学とも言えなくもない。

理屈だとか科学だとかは、
謂わば脳の左半球が多く担うであろうカテゴリー。
ベートーヴェンなんかは聴覚を失う事により、
感受される意味での音楽を無理やり奪い取られた。
しかし反面それにより、理論的な説得力の高い構造体を作り上げる事にエネルギーが向かったとも言えないだろうか。

右脳から左脳への移行、
しかし、こういった事につきものなのは揺り戻し。
周期はそれぞれだけと、大抵の事は振り子のようにスイングしている。
森を見て木を見る。
木を見て森を見る。


| | コメント (0)

休日にゴルフクラブを磨くお父さんみたいに



今日は朝からバイオリンのレッスンでした。
僕のではなく、
息子のです。
Amazonの段ボールで作った玩具のバイオリンを
ニコニコ構えていた幼少期の姿は今何処。
小学三年生になった彼は、
レッスンの直前にしか楽器ケースを開けません。
当然弾けないものだから、
いつもふてくされながらレッスン前に宿題を、
父親であるところの僕とさらうわけです。

頭の中によぎるのは、
これは親のお仕着せ以外の何者でもないんじゃないか?
という疑問と、もう一つは、口から手が出るほどにレッスンを受けたいのは、彼ではなくて自分だというささやかな不満。

だから、
目の前でつまらなさそうにされると、
いかんいかんと思いながら、
つい頭に血がのぼる自分がいます。

ほんのわずかな日常の隙間。好きに使える時間に何をするか?
釣竿の手入れ?
結構結構。
スマホでゲーム?
それまた結構。

僕の場合、
バイオリンケースを開けるのは、それと近い事かもしれません。
自分は馬鹿なんじゃないかと思うこともたまにあるけど、今だに楽器ケースを開ける時はワクワクする。
もちろんゲームや釣竿と同様、
そこには一抹の後ろめたさもある。
家族を省みず楽器に夢中になるなんて…。
だからコソコソちょっとした隙を見計らっている。

そんな生活をしている身からしたら、
楽器ケースから面倒臭そうに楽器を出し、
やっつけ仕事みたいに無神経な音を出されるのは、
それはそれは、カチンとくるのです。
君が今早く終われと思っているこの時間を獲得するために、お父さんはどれだけの苦労をしていると思うかね。豚に真珠。
やりたくないなら今すぐやめちまえ!
なんて言いそうになるのを、グッとこらえ、
いつかこんな時間も、懐かしい父との思い出になるのだからと思い直し、
「タカ1とヒク1があるなあって考えて弾くと、かっこよくなるかもしれないよ」なんて、半分ひきつった笑顔を作りながら控え目にアドバイス。

僕は今夜も、
夜な夜なバッハの楽譜を引っ張り出して、
無伴奏パルティータの第2番のジーグを暗譜すべく頑張っています。
たかだか2ページのこの曲を、
暗譜するために二ヶ月かかっています。
毎回楽器ケースを開けるたびに、一段ずつ新たに暗譜する。その繰り返し。
今はやっと32小節目。
でも覚えたところまで、部屋をうろうろ歩きながら何度も弾いていると、毎回新しい発見があるのです。
掛け合いの音形だとか、低音の下降だとか、
あるいは舞曲特有のリズム割りだとか。
それに気付くと弾き方がガラッと変わり、
見える景色が生き生きとしてくる。
何度も何度も、
考えながら弾く事を続けていると、
その事自体が快感になっていきます。
たかだか40小節の曲で、
多分何年も何十年も、
楽しめてしまいます。
暗譜してしまう事で、
また違う脳の使い方が生まれます。

| | コメント (0)

ワーシャル カルネオルを張る

やっとバイオリンの弦を交換する事にしました。
前に張り替えたのは一年以上前。
ずいぶん使いました。
E線はゴールドブラカット0.26。もう錆び錆び。
他の弦(ドミナント)も柔軟性が落ちて共鳴が聞こえないので、音程がとりにくい。

若い頃は楽器を鳴らす技量がなかったから、
存在感のある音を出すのに必要なテクニックの不足を、
弦のクオリティによって補完したい気持ちがありましたから、張り替えの度にいろいろ試したものです。
学生の少ないバイト代をはたいて買うものですから、
小遣い程度の資金を握りしめて、時に慎重に、時に冒険したりしながら弦を試したものです。
楽器を始めた頃はドミナント。それしか知らなかったし、当時行きつけの楽器屋にはドミナントしか置いてなかった。
ヘリコア、インフェルド、オブリガード、あとエヴァピラッツィ。
エヴァの弦に出会ったのは大学四年の夏。
朝から晩まで狂ったように楽器を弾きまくっていた頃。
当時の僕の関心事は、音を遠くまで届かせるにはどうしたらよいかということ。
他の弦との共鳴を生かすように音程を探り、ビブラートは表情をつけるためではなく、音を飛ばすために使っていました。(今思うとちょっと不純な弾き方だけど)

「若さとは自己顕示欲の素朴な強さの事を言う。」

自意識過剰で、楽器をギャンギャン鳴らしたい二十代の僕にとって、エヴァピラッツィとの出会いは運命的ですらありました。張った途端チェコの古いが楽器から、きらびやかな音が鳴り出す。おまけに張りが強いから乱暴な弓使いでも音が荒れない。まさに魔法のような感覚でした。

その後、社会人になってからは
インフェルドの青にしたり、
コレルリ アリアンス ヴィヴァーチェやペーターインフェルドを試したりしながら、いつしかヴィオリーノに落ち着き、カルネオルを経て、今はドミナントに。というか弦にこだわりがなくなりました。弦を音量や音色のためでなく、弾き心地とコストパフォーマンスで選ぶようになったのは、大人になったからと言われれば、確かにそうかもしれません。結局当たり前な話ですが、楽器を効率よく鳴らし、音を遠くまで飛ばすには、ボウイング(弓の圧力、配分、駒寄り指板寄りの位置)によるところが多いのです。
今回もドミナントにしようかと思いましたが、昔は手に入りにくかったワーシャル社のカルネオルが、Amazonでドミナントより割安なことがわかり早速購入。

| | コメント (0)

逃避しちゃえばいい

仕事が終わって、
夜中にヴァイオリンを引っ張り出して、
ただただ、
自分のために弾く。

他人の見る目に傷ついた時、
理不尽な扱いに腹が立った時、
明日やその先に起こることが不安な時、
これまで僕は、
楽器を弾くという営みによって、
救われていたのだと、
最近強く感じている。

楽器を弾くという行為そのものが、
日常と少し離れた処にあるからなのかもしれないし、
システマティックな運指や運弓が、
暗闇に渦巻くドロドロした感情のスパイラルを忘れさせてくれるからかもしれない。

危ういメンタルを抱えながら生きてきた僕は、
心理学の防衛機制じゃないけれど、
楽器を鳴らす事によって、
自分自身を保っていたのだと思う。

それは時にお菓子の空き箱の裏に絵を描く事であり、
または大きなスピーカーの前に仰向けに寝っ転がってレコードを聴く事だった。
この二つの行為は、
楽器に出会う前、
子供の頃のこと。

今夜はバッハの無伴奏パルティータ第2番のジーグ。
最初の7小節を
一小節ずつ暗譜しながら弾く。
楽譜を見て弾くのと、
暗譜して弾くのは、
別な行為なんじゃないかと思う。
楽譜を見るからわかる事、
楽譜を見ないから気づく事。
それぞれあると思う。

もう弦が古くなって恐らく限界だ。
ゴールドブラカットはサビサビだし、
ドミナントも弾力が無い。
人に聴かせないからといっても、
さすがに一年張りっぱなしは弾き心地に影響する。
梅雨も明けたらしいし、
今度新しい弦を買おうかな。



| | コメント (0)

相手が物である事の救い

最近仕事が忙しすぎて、
楽器ケースを開ける回数が減っていましたが、
ある日久しぶりに弾いたら、
何だか違和感を感じる。
楽器を右手にバイオリン、左手に弓を持っているような違和感。
あ、これは楽器と自分とが疎遠になるサインだと、ピンときました。
当たり前のように体に馴染んでいた道具が、
何だかよそよそしく感じられるという事は、
つまりは生活の中で、その道具の価値が以前と変わってしまうという事かもしれません。
相手が人ならまた別なストーリー展開がありますでしょうが、
今回の件に関しては、イニシアチブは全面的に僕自身にあり。
つまり僕が楽器を自分の方に引き止めようと行動すれば、この危機は何事もなかったように、あっさりと解決する。

なんてこたない。
単なる練習不足。

そんな時、一発で効く頓服みたいな方法がある。
といっても地味な基礎練習。
ボウイングと音階練習。
地味だけれど一番の近道。
30分で元の感覚が返ってきました。
関係修復完了。

バッハの無伴奏をとにかくゴーって音で鳴らして、
楽器を響かせて響かせて、
リハビリ終了。
身体はポカポカ、楽器も程よく汗ばむ。

気付いたら一年くらい弦を張り替えていません。
ドミナントがいい具合にヘタって、
発音や音程の誤差に寛容になっています。

でも別に切れてないし、
まあ替えなくていいかなとも思う自分がいます。
ただ自分の楽しみで弾くというのは、
つまりそういう事なんでしょうね。
誰かと一緒に弾くという事は、
自分の音に対する意識も同時に高まります。
自分が自分のために楽器を弾くという事だけのために、
楽器を所有し使用するのは、果たしてあるべき姿として自然なのだろうか。
弾き手と楽器という関係を超えて、
音楽である事を求めるなら、やっぱり他者の存在を想定しなくちゃならない。

つまり楽器はやはり、
手段以上でも以下でもない。

そして人という生き物は、
結局のところ、
一人きりでは完結できない生き物なのでしょうね。
音楽も人の営みである以上、
この運命とは無縁ではいられない。

| | コメント (0)

楽器の練習って基礎練習のこと?

楽器演奏全般でそうなのかは、わかんないけど、
弾けない弾けないって言いながら、
メトロノームカチカチしてゆっくりさらうような、
地道な作業をしても、一向に弾けなかったフレーズが、
あることをすると、ウソみたいに弾けるようになる事がある。
結論からいえば、それは世に基礎練習って呼ばれてるもの。
ほんとに不思議なんだけど、
音階練習とか、クロイツェルみたいなエチュードを無心にやると、今までうまくいかなかったあれやこれやが、ウソみたいに弾けたりする。
まさに雲が晴れて青空が見えたような気分。
気持ちいいの一言。
あれは何だろうって、いつも思います。
だって、ある曲を弾くために練習するとしても、
曲をさらうのは楽譜を理解するためであり、
実際演奏するためのスキルは、
曲ではなく基礎的な練習によって身につくという不思議。




| | コメント (0)

ニコロサンティに浮き足立つ連休前半

四月から異動になり、
それこそ最初の一週間は、
忙しすぎて曜日の感覚はおろか、
昨日今日も分からない程でしたが、
何とか連休まで壊れることなく、
無事でいられました。

休日は仕事の事を考えないようにしつつ、
自分の足元を見つめながら、
身体感覚を取り戻す事に努めました。

しばらくご無沙汰だったランニングも再開。
二週間ぶりに走ると、外の空気が大分と変化していることき気づきました。
気温もさることながら、
匂いが違う。

道路脇から、何とも言えない花の香りがしたり、
水を張った水田の前を通ると生臭かったり、
草むらから、ちょっと獣のような匂いがしたり。
別に野獣がいるとかじゃなくて、
なんか昔飼っていた芝犬の首輪の辺りのにおいのような、そんなんです。

汗だくで家に着くと、ふわぁって清々しい香り。
となりの蜜柑畑の樹に花が満開でした。


忙しさで気付きませんでしたが、
まわりの世界は、新しい季節に目覚め
生命力を高めているのですね。
大地の不気味な程のうごめき。

忙しいと過集中になる。
過集中になってる本人は気付かないけど、
でも、そんな時は大抵
身体はひっそりとサインを発している。

首が前に出ているのです。
斜角筋が縮まっている。
斜角筋は首から上位肋骨にかけてつながる筋肉。
そして、その収縮に対して補完する形で
首の後ろ、
つまり頭と首の境目あたりがキューって狭くなる。
そこから僧帽筋の収縮が始まり肩が上がる。

身体的な変化として自覚する症状としては、
呼吸の浅さや肩こり、あるいは頭痛。

このスパイラルを解くには、
ただその事に気付けばいいと、
最近気付きました。
でも、きっかけは必要です。
コツは、
「反対側にあるものを意識する」

これは暗示にも似ているような、
ある種の心理的テクニック。

具体的には、両方の肩甲骨の間を狭くして、
かつ下方に下げるように意識してみること。
背中にひっぱられた頭は背骨の上に乗り
バランスを取り戻す準備をはじめる。
あとは顎を引いて、ゆっくりと左右に顔を向けながら
頭はそんなに重くはないのだと確認できれば終了。

今日は午前中、家族で大高緑地へ。
小学三年生になった息子は、
一人ゴーカートデビュー。
慎重な運転。
慎重さというのは、大胆さと同じくらい大切だ。
でも大胆さ程の派手さがないから、
ついネガティブな評価を受けがちだけど、
僕は深い慎重さから生まれる大胆さこそが本物だと思っている。
だから彼の慎重すぎる性格を、僕はちょっぴり羨ましくもあり、誇らしくも思っている。
親バカといえばそれまでだけど。
慎重さは繊細さから来る面もあるから、
いろいろと大変な事もあるだろうけどね。

近くにあるショッピングモールで午後は買い物。
僕はここ数年、
普段着のように気軽に弾ける、ちょっと雑に使っても心が痛まないようなバイオリンを探しているんだけど、
今日島村楽器で試奏させてもらった
ニコロサンティって楽器はかなり良かった。
五万円いかないビギナーズセットながら、
かなりのクオリティ。
たしかに音量は物足りないかもしれないけど、
操作性は三十万以上の楽器と遜色ないです。
むしろ状態の悪い三十万くらいの古い楽器よりいいんじゃないかと思えるほど弾きやすく反応もいい。
弾いていてちゃんと手応えがある。
音は飛ばないけど音色はストレスなく温かい。
これは大切な要素。
楽器を弾く温かさを感じられるのは、
趣味で楽器を楽しむ上で重要な事です。
別に大きな音なんか出なくていいのよ。
セットで五万円以下!
マイスター茂木最高!
バイオリンってさ、
本来もっとカジュアルな楽器でもいい筈だから、
手頃な価格設定で、
このくらいなクオリティの製品が、
もっと世の中に出回ったらさあ、
バイオリンは、お金持ちの坊っちゃまが嗜むもの
だとか、
バイオリンは、幼少期からやらないとマスターできないもの
だとかいったような、
昭和の頃にまことしやかに語られていたような事が、
バカらしく思える日だって近いかもしれませんよね。
いい物弾かせていただきました。
GOSTOSO!



| | コメント (0)

根本さえつかめたら

多分長くやればやるほどに、
これこれは、こういうもんだと、
いつしか勝手に決め込んでいる。
しかし彼らの言う普通とは
「彼らの」普通でしかない。

それぞれの普通を主張したって、
多分何の解決にもならない。

新しい「普通」を生み出す意識を、
お互い心の片隅に持つこと。

僕たちに見合うような、
新しい価値観を、相手と探すんだって覚悟は、
違う誰かとコミュニケーションする際の
言わばお守りのような物。

これを心に持って人と接すれば、
人に自分を非難される痛みや、
批判から自己を守る為にする様々な取り越し苦労から、
ちょっとだけ解放されるかも。

大切なのは、
方法ではない。
根拠であり、目的、意図なんじゃないだろうか。

どんな多様な文化的背景を背負った集団であっても、
共通の目的によって集まったのなら、
その目的を明確にすれば、
新しい価値基盤を生み出せるに違いない。
それは繊細だけれどダイナミックな企て。

物語を生み出す。

僕はこの手の事を考える時、
大学オケで初めてコンサートマスターをした時のことを思い出す。
2001年8月。
愛知県芸術劇場コンサートホール。
真夏の夜の夢の序曲は散々な出来。
でも中プロのシューベルトの未完成は、
僕にとって忘れられない演奏体験になった。
その瞬間まで僕は、
コンサートマスターというのは
団員を演奏面でリードする存在だと思っていた。
あるいはコントロールするくらいの勢いでいた。
でも二楽章のオーボエソロの伴奏中に、
僕は気づいた。
僕なんかが、この2キロにも満たない脳みそであれこれ考えても、どうにかなるわけがない。
所詮世界の一部に過ぎないのだから、
この音の流れに、飛び込めばよいのだと。
もう楽譜の残りは僅かだったけど、あの時間は最高の演奏体験だった。
当時の僕は、色々あって他人を信頼できない辛さを抱えてたから、無意識のモーメントによる、神秘的な奇跡だといえばそれまでだけど、
客席に届いた音はどうであれ、
個人的な演奏体験としては、
あの時間の密度は、それこそ人生を変えるくらいのレベルだったと思う。
音楽というのは、
人の原始的な部分にアプローチする力があるからこそ、
そういった要素があるのではないかと思う。

僕は世界の一部であり、
同時に世界は僕である。

その時個人は溶解し、
時間は永遠になる。

今夜も僕は一週間ぶりに楽器ケースを開け、
ブダペスト在住の背の高い大きな手のグミナール氏が、
2007年に作ったバイオリンを弾いている。
楽器は弾かれる事を前提に作られたもの。
つまり誰かの行為によって、その目的が完結する運命を背負っている。
だから、こうして週末の夜に
ケースから出して弦を震わせる事は
単に楽器を鳴らす以上の意義がある。

張られているドミナントは一年以上張り替えていない。
そろそろ交換しなくては。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧