« 宮守 | トップページ | あるもの使い果たして返せ »

二日目、そして旅の終わり

自分の父親のゆかりの地ばかり巡っていては、
彼の孫である所の息子は退屈するだろうから、
旅行二日目は、観光地っぽいところに行く。
花巻といえば宮沢賢治。
風の又三郎、
やまなし、
セロ弾きのゴーシュ、
銀河鉄道の夜
息子は一つも知らなかった。
これはいかん。
一路宮沢賢治記念館へ。
天気は快晴。
雨上がりで空が高い。
その高い青空をトンボが無数に飛ぶ。





この澄み切った空気の中、
宮守のあの川をもう一度見たい。

息子を説得して、もう一度だけ、









川の水に足を浸してみる。
顔を洗ってみる。
ああ、この川とともに、
自分の父親は育ったのかと思う。





|

« 宮守 | トップページ | あるもの使い果たして返せ »

ぼんやり旅」カテゴリの記事

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮守 | トップページ | あるもの使い果たして返せ »