« フィジカルからロジカルへ | トップページ | 花巻へ »

ついにニコロサンティを手に入れる

ついに買ってしまいました。
ニコロサンティ。
職場で子供たちの前で弾くために使います。
ケースと弓、肩当てに松ヤニまでついて五万円しません。
今日は購入するつもりである事を前提に、
セットに付いている弓に松ヤニ塗って試奏させてもらいました。
弓はまあ、値段相応。
材質はおそらくブラジルウッド。
コシが弱い分弓を強めに張らないといけないけど、まあコシが弱いのだから、その張力にもあまり持ちこたえられずといった印象。
でも悪くはない。弓の特性を手が掴めば、ちゃんと密度のある音が出る。
楽器と同様、出せる音量には限界はあるが、何より操作しやすい。演奏する上での支障がないのがいいです。
大学オケの部室にあるような貸出用の安いバイオリンは、音は出るけどペグの作りが雑でチューニングするのにストレスだったり、吹き付け塗装でピカピカのカチカチボディでは振動するわけがなく、メタリックな音しか出ません。おまけに板も厚くしないと強度が保てないので、重たいし響かない。やはり二十万くらい出して東欧の手工品を手に入れないとダメかなあというのが、これまでの認識。
でも今回の四万円代のセットは、ある意味革命的です。
下手したら昔弾いてたチェコ製の愛機、ヤンバスタよりいい音がするかも?しれません。
このニコロサンティ、
実際に手にすると、このコスパの良さの理由が見えてきます。弓に関して言える事が、楽器本体にも言えるのです。
つまり材料の質について。
今回購入したニコロサンティの表板の木目は、僕の相棒であるタマスグミナールさんよりかなり密度が薄い。
裏板についても同様の事が言えます。
ネックの材も、あまり綺麗な木目ではありません。

ところが反面、造りがとても丁寧。
実際手にすると、その手触り肌触りがホンモノなんです。
この価格帯で、可能な事を、誠心誠意いたしましたっていう想いが、楽器からちゃんと伝わってくるのです。
これがこの値段なんて信じられない!
安心して弾く事ができます。
そして、楽器を弾くという幸せが十分味わえる箱になっている。

マイスター茂木さん、
ありがとう!これはすごい!





|

« フィジカルからロジカルへ | トップページ | 花巻へ »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィジカルからロジカルへ | トップページ | 花巻へ »