« 目抜き通りへ | トップページ | ヒツヨトサレヨガサレマイガ »

人間観察

今でも相変わらず、
単位が足りなくて大学を卒業できない夢を見る。

最近は夢の中で、「いや待てよ、卒業してないなら免許もないし、今の仕事もしてないよな」と思う瞬間があって、そう思いながらもストーリーの流れに漂っている事が多い。
夢の只中にありながら、
本人それが夢である事に、薄々気付いている。
にもかかわらず、その状況を楽しんでいる。
そんな、ちょっと不思議な気分。

先日、接待の飲み会があった。
明日も仕事があるから、
呑みはそこそこにという雰囲気なぞ微塵もなく、
その会に呼ばれし面々、
誰も彼も実によく呑む。

主賓は、
つきだしはおろか、
食事には全く箸をつけず、
ただひたすら酒を呑むのみ。
生粋の酔っ払いを、
久しぶりに見た。

母が昔師事していた今は亡き俳句の師匠が、
当時無類の酒飲みであったのだが、
その彼、好物は「焼酎茶漬け」。
茶碗に飯と漬物、そこにお茶でもだし汁でもなく、
麦焼酎を、たぷたぷと注ぎかっ込むそうな。


僕自身、呑んで愉しくはなるが、
性格の変化は大して無いらしく、
いつもより多少よく喋るようにはなるけども、
誰かに絡むような事はまず無い。
顔色も変わらず、ひたすら呑んでいる。

酒席では大抵、
他の人たちが愉しく過ごしている様子をニコニコ観察しているのが好きだ。

人はある年齢を境にして、
知らず知らずのうちに、
通り過ぎた時代の空気や、
幼少期の些細な体験やら、
過去の人間関係やら、
そういったものを心の奥底に溜め込んでいる。
それが顔に現れ、会話の端々に見え隠れする。
それを黙って眺めるのが好きなんだと思う。



|

« 目抜き通りへ | トップページ | ヒツヨトサレヨガサレマイガ »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目抜き通りへ | トップページ | ヒツヨトサレヨガサレマイガ »