« コシファントゥッテ | トップページ | しったかぶりはまわりくどい »

人生は夢だらけ

数日前に、椎名林檎とトータス松本の
「目抜き通り」を聴きまくっているって記事を書いたんだけど、
まあ、当然の成り行きなんだろうけど、
今は、同じく椎名林檎の
「人生は夢だらけ」のMVを、
夜な夜なダイニングで
YouTubeのエンドレスリピート。

僕の年代は
たとえミシェルルグランの名前すら知らないにしても、
ミシェルルグランの音は無意識の底に宿して生きているはず。
かく言う僕は、
そのつまり、
大好きです。
ルグラン。

シェルブールの雨傘。
ロシュフォールの恋人たち。

リアルタイムではなく、
リバイバルの関係上、
僕たちはあの雰囲気にハマってしまう。

細かい歌い回しも完璧。
東京事変の彼女も、
無罪モラトリアムの彼女も、
勿論最高ですけど。




1950年代のアメリカが好きな人は、
大抵ディズニーリゾートが好きなんだそうですが、
僕はディズニーランドの描く50年代も、
ユニバーサルスタジオの描く50年代も、
僕にとって一抹の違和感がある。
訪れるたび、その理由を想い、
そしていつしか楽しいはずの時間は終わる。

僕の中学時代は、
1950年代アメリカでできていました。

ヒーローはジーンケリー。
プラターズにポールアンカ、
ビリーヴォーンにニールセダカ。

あの時代への憧れが、
その後の20世紀の文化史であるとすら思える。
80年代なんて、
まさに50年代リバイバルなんじゃないかと。

良いものは、何年経っても良い。
「雨に唄えば」は今でも名作だし、
マイルスのマラソンセッションは、
こんな世の中にあっても、
疲れた誰かを癒すのです。

|

« コシファントゥッテ | トップページ | しったかぶりはまわりくどい »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コシファントゥッテ | トップページ | しったかぶりはまわりくどい »