« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

ニコロサンティに浮き足立つ連休前半

四月から異動になり、
それこそ最初の一週間は、
忙しすぎて曜日の感覚はおろか、
昨日今日も分からない程でしたが、
何とか連休まで壊れることなく、
無事でいられました。

休日は仕事の事を考えないようにしつつ、
自分の足元を見つめながら、
身体感覚を取り戻す事に努めました。

しばらくご無沙汰だったランニングも再開。
二週間ぶりに走ると、外の空気が大分と変化していることき気づきました。
気温もさることながら、
匂いが違う。

道路脇から、何とも言えない花の香りがしたり、
水を張った水田の前を通ると生臭かったり、
草むらから、ちょっと獣のような匂いがしたり。
別に野獣がいるとかじゃなくて、
なんか昔飼っていた芝犬の首輪の辺りのにおいのような、そんなんです。

汗だくで家に着くと、ふわぁって清々しい香り。
となりの蜜柑畑の樹に花が満開でした。


忙しさで気付きませんでしたが、
まわりの世界は、新しい季節に目覚め
生命力を高めているのですね。
大地の不気味な程のうごめき。

忙しいと過集中になる。
過集中になってる本人は気付かないけど、
でも、そんな時は大抵
身体はひっそりとサインを発している。

首が前に出ているのです。
斜角筋が縮まっている。
斜角筋は首から上位肋骨にかけてつながる筋肉。
そして、その収縮に対して補完する形で
首の後ろ、
つまり頭と首の境目あたりがキューって狭くなる。
そこから僧帽筋の収縮が始まり肩が上がる。

身体的な変化として自覚する症状としては、
呼吸の浅さや肩こり、あるいは頭痛。

このスパイラルを解くには、
ただその事に気付けばいいと、
最近気付きました。
でも、きっかけは必要です。
コツは、
「反対側にあるものを意識する」

これは暗示にも似ているような、
ある種の心理的テクニック。

具体的には、両方の肩甲骨の間を狭くして、
かつ下方に下げるように意識してみること。
背中にひっぱられた頭は背骨の上に乗り
バランスを取り戻す準備をはじめる。
あとは顎を引いて、ゆっくりと左右に顔を向けながら
頭はそんなに重くはないのだと確認できれば終了。

今日は午前中、家族で大高緑地へ。
小学三年生になった息子は、
一人ゴーカートデビュー。
慎重な運転。
慎重さというのは、大胆さと同じくらい大切だ。
でも大胆さ程の派手さがないから、
ついネガティブな評価を受けがちだけど、
僕は深い慎重さから生まれる大胆さこそが本物だと思っている。
だから彼の慎重すぎる性格を、僕はちょっぴり羨ましくもあり、誇らしくも思っている。
親バカといえばそれまでだけど。
慎重さは繊細さから来る面もあるから、
いろいろと大変な事もあるだろうけどね。

近くにあるショッピングモールで午後は買い物。
僕はここ数年、
普段着のように気軽に弾ける、ちょっと雑に使っても心が痛まないようなバイオリンを探しているんだけど、
今日島村楽器で試奏させてもらった
ニコロサンティって楽器はかなり良かった。
五万円いかないビギナーズセットながら、
かなりのクオリティ。
たしかに音量は物足りないかもしれないけど、
操作性は三十万以上の楽器と遜色ないです。
むしろ状態の悪い三十万くらいの古い楽器よりいいんじゃないかと思えるほど弾きやすく反応もいい。
弾いていてちゃんと手応えがある。
音は飛ばないけど音色はストレスなく温かい。
これは大切な要素。
楽器を弾く温かさを感じられるのは、
趣味で楽器を楽しむ上で重要な事です。
別に大きな音なんか出なくていいのよ。
セットで五万円以下!
マイスター茂木最高!
バイオリンってさ、
本来もっとカジュアルな楽器でもいい筈だから、
手頃な価格設定で、
このくらいなクオリティの製品が、
もっと世の中に出回ったらさあ、
バイオリンは、お金持ちの坊っちゃまが嗜むもの
だとか、
バイオリンは、幼少期からやらないとマスターできないもの
だとかいったような、
昭和の頃にまことしやかに語られていたような事が、
バカらしく思える日だって近いかもしれませんよね。
いい物弾かせていただきました。
GOSTOSO!



| | コメント (0)

根本さえつかめたら

多分長くやればやるほどに、
これこれは、こういうもんだと、
いつしか勝手に決め込んでいる。
しかし彼らの言う普通とは
「彼らの」普通でしかない。

それぞれの普通を主張したって、
多分何の解決にもならない。

新しい「普通」を生み出す意識を、
お互い心の片隅に持つこと。

僕たちに見合うような、
新しい価値観を、相手と探すんだって覚悟は、
違う誰かとコミュニケーションする際の
言わばお守りのような物。

これを心に持って人と接すれば、
人に自分を非難される痛みや、
批判から自己を守る為にする様々な取り越し苦労から、
ちょっとだけ解放されるかも。

大切なのは、
方法ではない。
根拠であり、目的、意図なんじゃないだろうか。

どんな多様な文化的背景を背負った集団であっても、
共通の目的によって集まったのなら、
その目的を明確にすれば、
新しい価値基盤を生み出せるに違いない。
それは繊細だけれどダイナミックな企て。

物語を生み出す。

僕はこの手の事を考える時、
大学オケで初めてコンサートマスターをした時のことを思い出す。
2001年8月。
愛知県芸術劇場コンサートホール。
真夏の夜の夢の序曲は散々な出来。
でも中プロのシューベルトの未完成は、
僕にとって忘れられない演奏体験になった。
その瞬間まで僕は、
コンサートマスターというのは
団員を演奏面でリードする存在だと思っていた。
あるいはコントロールするくらいの勢いでいた。
でも二楽章のオーボエソロの伴奏中に、
僕は気づいた。
僕なんかが、この2キロにも満たない脳みそであれこれ考えても、どうにかなるわけがない。
所詮世界の一部に過ぎないのだから、
この音の流れに、飛び込めばよいのだと。
もう楽譜の残りは僅かだったけど、あの時間は最高の演奏体験だった。
当時の僕は、色々あって他人を信頼できない辛さを抱えてたから、無意識のモーメントによる、神秘的な奇跡だといえばそれまでだけど、
客席に届いた音はどうであれ、
個人的な演奏体験としては、
あの時間の密度は、それこそ人生を変えるくらいのレベルだったと思う。
音楽というのは、
人の原始的な部分にアプローチする力があるからこそ、
そういった要素があるのではないかと思う。

僕は世界の一部であり、
同時に世界は僕である。

その時個人は溶解し、
時間は永遠になる。

今夜も僕は一週間ぶりに楽器ケースを開け、
ブダペスト在住の背の高い大きな手のグミナール氏が、
2007年に作ったバイオリンを弾いている。
楽器は弾かれる事を前提に作られたもの。
つまり誰かの行為によって、その目的が完結する運命を背負っている。
だから、こうして週末の夜に
ケースから出して弦を震わせる事は
単に楽器を鳴らす以上の意義がある。

張られているドミナントは一年以上張り替えていない。
そろそろ交換しなくては。




| | コメント (0)

バイオリンセラピー?

自分の心を守るためにと、
休日は仕事の事を考えないよう決意しても、
ふと気を抜けば
やはり考えている。

うっかり昼寝をしても
不本意ながら夢の中でさえ、
仕事の段取りを考えていた。
後味の悪い寝覚め。

しばらくぶりに楽器を弾いた。
指のたこが治って、
弦を押さえると少し痛い。
音階練習をゆっくりやって、
iPadで伴奏アプリを鳴らしながら、
ALL THE THINGS YOU AREを弾いて、
アドリブフレーズを試してみたり、
適当な楽譜(バッハの無伴奏だとか)をゆっくり弾いてみた。
最近は、よくメンデルスゾーンの協奏曲をさらっている。モノにしようなんてこれっぽちも考えてなんかいないけど、キレイなメロディは弾いていて楽しい。
指を動かす行為は、頭を空っぽにできる。
三楽章をひたすらメトロノームでさらうんだけど、
これがまたなかなか癒される。

調子に乗って、昔弾いたオケのパート譜なんかを引っ張り出して弾いてみると、昔と全く違うアプローチで楽譜を把握しようとする自分がいた。
楽譜は同じでも捉え方や弾き方は無数にある。
音楽は、思った以上に自由だし多様らしい。



| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »