« 閉鎖の景色 | トップページ | 手と手が音を産む »

いっぱいいっぱい

僕はもうこんな年齢まで
人間を生きてしまったから、
いや、このくらいの年齢まで人間として生きたからこそ、
自分がこの地球上の、限られた空間のある面積を占有する意味を考える事も、
まあ、たまにとは言わず、
それなりに、
あってもいいんじゃないかな。
自分自身が納得するという限定付きの答すら、
見つかる可能性が薄いけれども。

世の中に腰までどっぷりとうずまって、
部屋で暴れる蝿みたいに、
あっちにぶつかり、
こっちにぶつかりしながら、
批難する相手が何を考えているのかを、
足りないなりに必死で察し、
相手の望むやり方を探りながら、
怯えて、縮こまって、
今日までなんとかやってきました。

これだけで、この事を本当に理解してくれる人は、
この世界に果たしてどれだけいるのでしょう。
別段、あまり期待できないのは、
自分でもよくわかっています。

毎日を生きるのに、
それこそ精一杯。
しかし、それが当たり前だと思っていたら、
そうでもないらしい。

されども、かといって、
自分の精一杯は、
これからも続いて行くのであって、
これを延々、死ぬまでやっていくのが、
つまりは生きるって事なのかもしれないが、
されど、時々辛くなる事があっても、
果たして許してくれる世の中でしょうか。
そもそも、この社会にそんな懐の深さがあるのか?

そんなこと考えても、
何にもならない。

とりあえず僕は精一杯、
というか、
いっぱいいっぱいです。




|

« 閉鎖の景色 | トップページ | 手と手が音を産む »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(*´ー`*)

あなたの居場所はちゃあんと、この地球(ホシ)にありますょ☆

いっぱいいっぱいのときほど、見失いやすいもの。
深呼吸…

ほら、生きてる…(*´ー`*)

投稿: こーちゃん | 2017.10.10 07:09

いつも温かいコメントありがとうございます。最近やっと楽になってきました。今日は仕事関係の雑務で、名古屋まで来ています。電車の車窓からビルの立ち並ぶ灰色の街を眺めたり、車内の椅子に座ってネットゲームに興じる人を見ていたら、ふと自分は世界の一部であり、同時に世界は自分であるのかなと思いました。深呼吸する空気を世界と共有しながら、靴底で固い地面を左右交互にコツコツと叩きながら、やっていこうと思います。

投稿: tkm | 2017.10.14 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閉鎖の景色 | トップページ | 手と手が音を産む »