« 長文雑感 | トップページ | でたあ!リヒャルト »

オートメーション



自動車の運転の自動化について、ニュースや新聞じゃ話題が尽きません。僕はテクノロジーの面よりも、むしろそれに引き起こされる社会的変化に興味があります。
18世紀の産業革命は、人の意識体系を大きく変革したから、革命という名で語られてきたのだと思う。今話題のAIに関する事は、それに匹敵するくらい革命的な事なんだと感じる人が多いようです。
予測が容易な世界という理想は、たとえそれが実際は予測不能だったとしても、行動様式を決定付ける大事な価値基準の元になるのだけれど、
残念ながら、その幻想にどっぷりと浸っていられる時代は、もうとっくに崩壊しており、僕たちは意識しようがしまいが、先の見えない変革の中に身を置いているのだと感じる。これについては、何年も前から、幾多の人々が指摘している事なんだろうけど。
シェアという言葉が、これまた巷で話題である。所有する事の意味が無くなる代わりに、シェアする権利が生まれてくる。持てるものが、豊かなりし世界からの変革。

パンドラの箱は、一度開けたら
もう閉じられない。

ただ言えるのは、
自動化は、行為だけの事ではないということ。つまり、行動に至る過程も含めた自動化だという事実である。
これは、別に特筆するべき事じゃなく、例えば、テレビがどのような仕組みで映像を映し出すのかといった事を知らなくても、テレビを利用できる事と同じである。
大切なのは、仕組みを知っている事と、全体的な視点を持てる事。

|

« 長文雑感 | トップページ | でたあ!リヒャルト »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長文雑感 | トップページ | でたあ!リヒャルト »