« 京都の不気味さ | トップページ | ぼんやりの奥にあること »

目に見えぬものを見る努力

サン=テグジュペリの「星の王子様」の大切なメッセージに、

大切なものは、目に見えない

というのがあった。
これは結構深い問題です。
僕は最近その事ばかり考えている。

目に見える世界のみで、
物事を判断するのは、
理にかなっているようではあるけれど、
それが全てだとは、言い切れない。

大きく、深呼吸。
よくよく見つめてみよう。
耳を澄ませてみよう。
まっさらな心で感じ直してみよう。

すると、
騙し絵のように、
見えていた世界が、
全く違う姿をさらしだす。

それを、
自己に統合するのは、
大変な労力を必要とするけれど、
それをやらずにはおられまい。
死ぬまでやらずには、おられまい。

それが、もしかしたら、
人の愚かさであり、
人の人である本望ですらあるやもしれず。



|

« 京都の不気味さ | トップページ | ぼんやりの奥にあること »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

見えないものに価値を見出せる・・・

素敵な感性で☆


詩人、金子みすゞも云っておられました

「昼のお星は目に見えぬ
見えぬものでもあるんだよ
見えないけれども あるんだよ」と。

見えないところに、実は、本質や真理、のようなものが
あるのかもしれませんね。

投稿: こーちゃん | 2017.01.25 20:44

金子みすゞさんの言葉、
いいですねえ。
見えないものだって、見えるようにしようとして、どんどん便利になる筈の世界ですが、見えないものは、ますます見えなくなる。そこにあるのに、見えなくなっていく哀しさ。
見えないものを、見えるようにしてもだめなんですよね。
それを見るという意思が必要な気がしているんです。
それは感性かもしれないし、何なんでしょうね。
コメント嬉しかったです。
ありがとうございます。

投稿: tkm | 2017.01.29 23:15

こちらこそ、コメントのコメント、うれしかったです☆

また、近いうちにお会いできたらなぁ^^

投稿: こーちゃん | 2017.02.07 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の不気味さ | トップページ | ぼんやりの奥にあること »