« 音楽を想う | トップページ | 2009年6月9日 »

秋の入口

この連休は、夏の名残りから本格的な秋への移り変わりを意識する三日間でしたが、
お住まいの地域におかれましては、
如何だったでしょうか。

地元の公園を、
一人歩く時間を、
持つことができました。
ありがたいことです。
昔は、そんなの当たり前にある事でした。

歩くという行為には、
自浄作用がある。
僕も過去に一度や二度、
もやもやしたままに、
この公園を一人歩き回った事があります。
抱えきれないほどの、ある種の感情は、
こんなふうに、歩いて歩いて、
発散するしか無いようです。

今の僕は、
別に思い当たるような感情はないけれど、
ただ、木々の合間をすり抜ける午後の日差しや、
池の水面に反射する陽光を浴びる行為に、
ちょっとした癒しを感じることは、恐らく確かなようです。
首の後ろにうっすらと汗をかきながら。
歩いて歩いて、
耳を開いて、
ぼんやりと眺める。







|

« 音楽を想う | トップページ | 2009年6月9日 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽を想う | トップページ | 2009年6月9日 »