« 意味の薄い、いつもの夢の記録 | トップページ | 構え方 »

ふと、弓の持ち方をみてみる

昔レッスンで、
弓の持ち方注意された時に、言われたこと。
「弓を持ったまま、小指離して」
はい、できます。
「人差し指」
できます。
「中指」
はい。
「薬指」
楽々です。
「親指」
…え?
できません!
え?できるの?

あれから大分経ちますが、
うん。
確かにできるかも。



弓の持ち方や、指の柔らかさとか、
いろいろ悶々と考えてた時期もあったけど、
そういえば、最近あまり意識していません。
弓の持ち方も、その時々で違うし、
慣れって良いものなのか悪いものなのか、
結局よくコントロールできて、楽に弾ければ良しってことかしら。
因みに人差し指を深く持つと、手首を意識する。
ちょっと浅く持つと、指弓を使って元の返しをしたくなる。
どっちがいいかわかんないけど。




|

« 意味の薄い、いつもの夢の記録 | トップページ | 構え方 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意味の薄い、いつもの夢の記録 | トップページ | 構え方 »