« ふと、弓の持ち方をみてみる | トップページ | 左指 »

構え方

構え方もいろいろ。
顔を左に向けるか、前を向くか。
鼻先の延長線上に楽器のスクロールが来るか、
あるいは鼻先より左に来るか。
僕は、手元見ないと不安だから、
鼻先にスクロール派かなあ。
楽器の向きは、ボウイングに影響が出る。
だって楽器が身体に対して左に来れば、
弓先では右腕を前に出す、或いは右手踵を前に出さないと、弓がまっすぐならないし、
同様に、楽器の向きが身体の正面に近くなれば、弓元で角度調整が必要。
今のところ、楽器の向きは、
左肘の左右方向の動きに合わせて決めています。
肘が一番左右に振れやすい位置。
そうすると、左手の形が崩れずに、いろんな弦を弾けます。
ポジション移動も支障がない。
要は楽であればよい。
成長期の子供ならともかく、
おじさんにとっては、
身体を楽器に合わせるのは、
さすがに無理があります。

|

« ふと、弓の持ち方をみてみる | トップページ | 左指 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふと、弓の持ち方をみてみる | トップページ | 左指 »