« 仕事の話 | トップページ | 楽譜の不完全さ »

何故か本物について考えている

山の日
らしい。
テレビで山の番組でもみてみる。
アンデス山脈の6000メートル級の山に登るNHKの番組。
いつ雪崩が起きるかわかんない氷の崖を横目に歩いたり、
酸素が薄くて意識が朦朧としたりと、
何でこんな過酷で危険な所へ登山しようって思うんかなあと、
素朴に思ってみたりしてみる。

「本物」

これが頭に浮かびました。
本物。
本物を感じるために、人の住めないような環境に行く。
或いは、自分の存在を見つめるために、敢えて人を寄せつけないような過酷な大地を踏みしめる。

夕方、車で15分程の所にあるスーパーへ買い物に行く。
晩御飯用のナスを選んでいたら、
愛知県産、愛媛産とか、手書きの値札に産地が書いてある。
産地偽装は目の敵みたいに叩かれる世の中だけれど、
愛知県産だろうが、愛媛産だろうが、ナスには変わらないのも事実。
ただ、地元の物は、この場所まで運ぶのに時間もかかんないから、何だか無理してない感じがするなとは思う。
愛媛産には、はるばるやってきてもらって申し訳ないけれど、
愛知県産のナスを手に取りカゴに入れる。

帰宅後、家族全員で近所の公園へ。
最近蝉を手づかみで捕まえられるようになった娘は、両手にアブラゼミをつかんでご機嫌だが、
虫が苦手な僕は、足元に無数に散らばる、乾いて砕けた蝉の死骸を、踏まないよう歩くのに精一杯。
この死骸の間から、毎夜毎夜、蝉の幼虫が地表に現れ脱皮するんだから、何だかワイルドな世界ですね。昆虫って。
それはさておき、
この公園は、ポケスポットらしく、
スマホ持った人が、例の格好で歩いて立ち止まってをしています。
蝉など気にも留めず
例のいつもの格好で。



|

« 仕事の話 | トップページ | 楽譜の不完全さ »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事の話 | トップページ | 楽譜の不完全さ »