« 問題行動 | トップページ | だばだばだ »

ビートルズのアンソロジー

ビートルズのアンソロジーを聴いています。
アウトテイクとか、デモだとか、
あとライブ音源などをまとめたやつ。

ビートルズは
リアルタイムでないはずなのに、
ノスタルジーを感じるのは、
不思議なものです。

アンソロジーがリリースされたのは
1996年

街で流行っていたのは、My Little Loverだとか、PUFFYだとか、あとウルフルズだとか。
そんな時代です。
地下鉄サリンのあたり。

世の中の根本がグラグラと揺らいでゆくのを、
どこかで感じていたのかもしれません。

これまでの価値観が、
耐用年数を過ぎて崩れてゆく。
社長が破産して、
タクシードライバーに成り下がり、
女子高校生が売春をする。

下宿の軒に引っ掛けたガラス風鈴のカラカラとした音を聴きながら、
部屋の蛍光灯にまとわりつく蜻蛉を眺めながら
世の中はこの先どうなってゆくのだろうと、
ぼんやりと考えてみたり。

台所には、いつしかビールの缶が足場もないくらいに散らばっていました。

YAMAZENの扇風機だけでは、
甲府の熱帯夜を乗り切ることができず、
涼を得るため、深夜営業の書店まで
原付を走らせる。

あれから20年。
世の中は、ますます生き辛くなりました。

インターネットは結果として人を結びつけるどころかお互いを萎縮させるツールとなり、
あんなに魅力的だったテレビは、よりよきサービスの提供などと言いながら、当たり障りないマンネリに陥る。

|

« 問題行動 | トップページ | だばだばだ »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 問題行動 | トップページ | だばだばだ »