« ちーころりん | トップページ | すうっとする空気 »

音色

先日張り替えた、楽器の弦がとっても弾き心地よくって、ゾクゾクします。
ついに見つけたーって感じです。
他の弦とよく共鳴するから、音程が取りやすいし、かといってツボにハマらなければ鳴らないというわけでもない。
パワーよりも響きに魅力がある印象です。
ドミナントに近い響きだけれど、
ドミナント特有のシャリシャリした金属的な音はしないし、しかもドミナントより安い!
ワーシャル社のカルネオル。
気に入ってます。
昔は弦を音色で選ぶこともありましたが、
今でも多少好みはありますが、
最近は、音色の変化が出しやすい弦というのがあることが分かって、
結局音色は、人が作るもんなのか、
と、道具によって身の丈を越えた音を手に入れようとしといた、自分の浅はかさを痛感しました。
左手の指の抑える場所や押さえ方、微妙な音程の調整、右手の弓の速度、圧力、毛の量の組み合わせで音色は色々作り出せる。
楽器の構え方も音色に変化を与えるし、なんというか、そういった諸々の事による変化に対して、敏感に反応してくれるのが、良い弦であり、良い楽器であり、良い弓なのかもしれませんね。


|

« ちーころりん | トップページ | すうっとする空気 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちーころりん | トップページ | すうっとする空気 »