« すうっとする空気 | トップページ | 冷たい壁に、息を吹きかけるのは、誰のため? »

自由な音

ある年齢を過ぎたあたりで
楽器の練習の方針を
反復練習による筋トレ的な練習から
身体の使い方を細かく考え、
試行錯誤を繰り返す方向にシフトした事で、
自己の何らかの変革という視点で捉えるならば
格段の変化がありました。
何よりも、楽器を練習する事がとても刺激的な活動になり
新しい発見をする度に、
どんどん身体が自由になる喜びに興奮する自分がいます。
ある、一つの工夫で
今まで苦労していた技術的な問題が
前から存在してなかったかの如く
パラパラと解決して、
目の前がぱあっと広がる事もあります。

今夜もそんな訳で、素敵な発見がありました。
ポイントは、左肩甲骨内側。
ハイポジションで、手の形をなるべく崩さずに楽に押さえるには、
①手の甲を高くする。(肘を内側に入れる)
②肩甲骨を少し外側にスライドする。

よくやるのは、①の方法。
でも、微妙に手の形は変わる。
人差し指の角度が変わる。

②の方法は、結果的に多分似たような目的の事をしているけれど、あまり手の形は崩れることなく、小指が届くんです。

どちらが良いかは、この際結論付けるのはやめて、
場合に応じて楽な方を使ってみようかと思います。

ちなみに②の方法を思いついたのは
小野アンナの3オクターブの音階練習。
F-Durの分散和音。
ハイポジションでの指の拡張が、いつも嫌だったけれど
はじめのうちは、①の方法で対処。
そして、②の方法の方がシンプルなので、それでも弾いてみる。
そうこうしていたら、左手がすごく楽に指板を上下するようになったと、
多分次回は、それがどんな場合にも可能かを
いろんな調や、あとエチュードで確かめてみる営みが始まります。
右手は、場面により弾き方はものすごいバリエーションがあることが最近分かってきました。
親指主導が良い場合もあれば、薬指主導が良い場合も、ある気がします。
勿論元弓で、手首を意識するか、肩甲骨を意識するかで音色は変わりますが、それは欲しい音によって選択する類のことかもしれません。
何れにせよ、その選択にあたって
世の中には、こうこうであれば、こうあるべきである。なんて暗黙のルールがあるのかもしれないけれど、
僕は、そこらへんのこと
よく分かりませんから
ただ、こうやってみたら
このフレーズ、いい匂いしたぜ。
だとか、
あれ?これは、こうしてみたら
繋がりができて
歌っているみたいになったなあ。
とか、
そんなレベルで楽しむだけですが、
まあ、それはそれで、
楽しくて刺激的です。

今は、まだまだ頭も身体もカチカチ固まっていますが、
そうやって少しずつほぐしていく事で、
素直に音を出す事ができるようになりたいです。
上手くなんかならなくていいし、
きっと上手くなんかならないけれど、
自由に気持ちが音にできるようになりたいなあ。



|

« すうっとする空気 | トップページ | 冷たい壁に、息を吹きかけるのは、誰のため? »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すうっとする空気 | トップページ | 冷たい壁に、息を吹きかけるのは、誰のため? »