« ちわう。 | トップページ | 鳩を空に放つように »

風匂う4月

すっかり春ですね。
匂いが違います。
よい香りも、どちらかといえばそうでないのも、
ぶわあっと空気の中に舞い上がる。
今年は、花粉症の症状がそれほどないせいか、
まだ鼻の通りが良くって、
おかげでいろんな匂いを感じることができます。

そんな中またぼんやり、

恐らく
それほど遠くない昔には
人々は匂いでも春を感じたんだと思います。

それには花の香りといったものも、確かに含まれてはいますが、
それよりも、もっとプリミティブな意味で
それこそもわあっと浮き上がる匂い。
それを感じていたのかもしれません。

生命があるところには、
それ固有の匂いがある。

草には草の匂い。
犬には犬の匂い。
人には人の匂い。

冬の間は余り感じなかったけれど、
気温が上がり、生き物が動き出したら
匂いも沸き立ってくる。

僕が春に好きな匂い。

多分あれは、土の匂いでしょうか。

キラキラした太陽の光に照らされて、
立ち昇る土の匂い。
葉っぱや草の匂い。


|

« ちわう。 | トップページ | 鳩を空に放つように »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちわう。 | トップページ | 鳩を空に放つように »