« 仕事 | トップページ | もうすぐ20年、そして50年 »

蓬莱とフレッシュに関して



奥さんの実家から、おいしいお酒をいただきまして
今宵ありがたく飲ませていただいております。

実は高校時代、部活用のボストンバックの中で、おにぎりを発酵させてしまった事があって、
当時の僕は、その匂いを嗅いで
あ、フルーティな香りだなあ、なんて少しばかり興奮したのを覚えています。
勿論発酵したおにぎりと、高級吟醸酒を一緒にしちゃいけませんが、
きりりと引き締まった飛騨のお酒、
美味しいです。


楽器の方は、相変わらずで
音階練習とクロイツェルばかり。
ちなみに音階教本、小野アンナ本からフレッシュ本にしました。
フレッシュ本は、いきなり一本の弦の上でのスケール、アルペジオが登場して、なんじゃこりゃーって思いましたが、何回もやってると、あら不思議、何となく弾けるようになるんです。それから他の弦がよく響くので、音程も意識しやすいし、はあ、さすが世によく知られる教本は違うなあと、ゆっくりやってます。重音の音階は、エクササイズみたいになってるので、音程を確かめながらできて嬉しいです。僕のは、つい先日出た山岡耕作さんの編集版です。まだ、ハ長調の部屋でうろちょろしてるだけですが、
オクターブくらいまでで手を引いて、他の調も覗いてみようと思います。

|

« 仕事 | トップページ | もうすぐ20年、そして50年 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事 | トップページ | もうすぐ20年、そして50年 »