« 底なしの無意識 | トップページ | 蓬莱とフレッシュに関して »

仕事

年度末に差し掛かり
仕事が忙しくなり
心のコップに水が一杯になりそうな今日この頃。

仕事というのは、結局のところ
非常に良くできた
大人のごっこ遊びなんじゃないかと
最近気持ちがやられ気味の僕は
ひねくれた妄想的仮説を立てて楽しんでいます。

社長も課長も
校長も教頭も
首相も大臣も

みんなみんな、それぞれの役回りを演じる役者であって
その役柄がその人自身ではない。

本人たちも、その事を分かっていることもあれば、
そうでない場合もあり、
もし、そんな架空の役回りの一員としての
自分であるならば、
そう思うことができれば、
今より少しくらい気楽に仕事ができるかもしれません。

あと、悲しいかな、仕事という舞台では
僕の代わりはいくらでもいます。
それは、実は僕に限った事でなく
誰にだって言えること。
でないと、社会は持続しない。
大きな筋書きの中で、自分の役を演じるけれど、
そのやり方は結構自由な場合もある。

それでもフリはフリですけどね。
僕は僕という個人である事が前提で
それが仕事という服を着ているに過ぎないのかもしれません。

|

« 底なしの無意識 | トップページ | 蓬莱とフレッシュに関して »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 底なしの無意識 | トップページ | 蓬莱とフレッシュに関して »