« 重音のスケールは頭の体操? | トップページ | おっけーよ? »

一皮向けた?

3度の重音のスケールばかりやっていたら、
左指がうにょうにょっと動くようになってきました。
前はカクカクに近かったんですが、何というか、ヤドカリの足みたいに、それぞれの指がうにょうにょっと動いてそれぞれのポイントに移動する。ピョンって何処かに移動するんじゃなくて、剣道とかの摺り足みたく、
エコな動きというか、効率の良い動きを身体が勝手に学び出したような感じです。
ヤドカリの足というか、でっかい蜘蛛の脚みたいに、それぞれが独立して動いているような、鏡見ながらだと、うわっ気持ち悪って感じです。
練習の成果として、指がしっかりしてきたと言えばそれまでですが、
このうにょうにょっとした指。結構いけるかも。
右手は弓を持つ指が益々フラットになってきて、ほとんど持っていません。でも弓の圧力は以前よりうんとかかっていて、どちらかというと指より手首でコントロールしている感じです。先弓にしっかり圧力がかけられるようになった事で、弓のどの場所でもアクセントがつけられるような感じになってきました。
楽器の練習って、何だか奥が深いなあと思います。
ある条件が揃うと、昔はひいひい言ってたテクニック上の困難が、あの苦しみは何だったの〜?ってくらいに楽にできちゃうんですから。
きっと、ちゃんとしたいい先生にレッスンを受けて、真面目に練習したら、こんな時間かけずにこの気分になれたんでしょうけど、
でも、僕の場合、この過程が楽しみでもあるので、
まあ、これはこれでいいのかもしれませんね。
それにしても、基礎練習ってすごい。
音階練習って、奥が深い。




|

« 重音のスケールは頭の体操? | トップページ | おっけーよ? »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重音のスケールは頭の体操? | トップページ | おっけーよ? »