« 最近 | トップページ | 白髪から始まる妄想サーフィン »

ヴィオリーノにオイドクサ



ばいよりんの弦を張り替えました。
ADGは、今一番お気に入りのヴィオリーノ
Eは、今回オイドクサのスチール弦。
一番好きなのはヒルなんですが、音は文句無しに良いのですが、値が張るので却下。
王道のゴールドブラカットも考えましたが、硬くて指が痛いので、張りが弱くて音色が柔らかいスチール弦ないかなあと思いまして、
柔らかい弦の代表格、ガット弦のスタンダード
オイドクサを試してみることにしました。
E線はアルミ巻きのものもありましたが、値段が高いのでスチールを採用。
明るくてよく響きます。ヴィオリーノとの音色の相性はまずまず。
昔は、大きな音で鳴り響く弦が好きでしたが、今は弾きやすさが弦選びの基準になっています。
勿論コストも大事な要素ですけどね。
ヴィオリーノは学生用の弦とか言われていて、同じ素材のエバピラッツィやオブリガート程メジャーではないけれど、僕はエバピラッツィやオブリガートよりもむしろ良い弦に思えます。
最近は張りの強いパワフルな弦が人気ですが、
ヴィオリーノくらいの柔らかさだと、左手も無理なく押さえられますし、ヴィブラートもかけやすい。
音色の変化もつけやすいから、弾いていてストレスがないんです。
ドミナントも悪くないけど、張った直後のシャリシャリした感じがどうも苦手で最近はご無沙汰です。

肩当ては相変わらずつけていません。
鎖骨と顎、あと左手の親指でバランスとりながら弾いています。
何度か肩当てをつけてみましたが、何だか肩当てをつけると力んでしまって上手く弾けません。
楽器を楽に支えて弾くために肩当てをつけるんだと思っていましたが、そうばかりでもないようです。
勿論体型のせいもありますが。

弓の張りを、少しきつめにするようにしました。
弓の張りは音色に影響するようです。
曲によって変えたりするものなのかなあ。

|

« 最近 | トップページ | 白髪から始まる妄想サーフィン »

ばよりん」カテゴリの記事