« 夢 | トップページ | 小野アンナとカイザー »

演奏会に行きました



コンサートを聴きに栄まで行ってきました。
プログラムは
ワーグナーの前奏曲(ローエングリンだったかな)
チャイコフスキーの白鳥の湖から抜粋
あとブラームスの3番のシンフォニー。
某大学のOBオケの演奏。
弦楽器、上手だったなあ。
音程も意識が行き届いていたし
音の頭は言うまでもなく、その終わりにまでちゃんと配慮してあるように感じました。
勿論、ホールの特性上
響きが細かいアラを包み込むこともありますが、
それにしても、上品な響きがしていました。
ブラ3なんてファーストの音の跳躍が半端ないですが
無難に聴こえました。

楽器の練習については、あいかわらずな音階練習。
スケールとアルペジオでハマる位置が少し違うのです。
短調の音階についてもハマる幅がそれぞれ違う。
これまでは、そんなこと意識すらしなかったし、開放弦とのハモり方でのみ判断していましたが、モーツァルトとか丁寧に音程とらないと見るも無残な代物になるんですよね。
兎にも角にも音階練習。
まだ小野アンナの3オクターブのフラット二つくらいまでした行ってません。
三度の重音もダメダメです。重音は右手が特に悲惨で、綺麗な音にならない。

|

« 夢 | トップページ | 小野アンナとカイザー »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢 | トップページ | 小野アンナとカイザー »