« たんぽぽ | トップページ | 和風ぴーかんなっつ »

ワールドカップよりワンカップ?

髪がいい加減鬱陶しくなったので、行きつけの床屋へ向かいました。
午前9時半
「だいぶ伸びたねえ」と、例のジョージ•チャキリス似のおじちゃん。
髪を切る時は眼鏡を外すので、自分の髪型がどうなるのかを鏡越しに観察するのは無理ですから、
僕はいつも目を閉じてしまうのですが、
小さい頃から髪をいじられると眠ってしまうこともあって、
段々と交感神経から副交感神経へとスイッチが切り替わっていきます。
うとうと、気持ち良くなってきた頃、

「どう?休日はどっかいった?」
と、床屋の主人。
「ええ、うーんと、特には行ってないかな。」
と僕。
「まあ、暑いしねえ、迎えの工場の人たちは今朝早く潮干狩りに行くって出かけてたよ。潮干狩りもちょっと前とかすごい道混んでたけど、連休とかキミんちもどっか行ったのかな?ゴールデンウィーク。」
うつろな頭で、五月の頃を思い出す。
そういえば、どっか行ったような行かないような…。
「えーと、たしか、岐阜の、なんでしたっけ、あ、金華山とか行きましたよ。ロープウェイで登ってリスの餌やりしたけれど、午前中さんざん餌食べ過ぎて、リスさんお腹いっぱいだもんだから全然来なかったんですよ。」

きっと床屋さんは床屋さんなりに、気を利かせて僕に話しかけてくれるんだと思います。
髪を切る間、お客様が退屈しないように会話の花を咲かせる。実に紳士的な心配り。
こちらも、床屋さんの好意はやはり感じますから、ちょっと楽しそうにしなくてはいけないなとか、質問に対して面倒臭そうに応えてはいけないなとか、いろいろ考えてしまうものだから、結局なかなかリラックスできません。うーん、なんだかなあ。
一通りカットが終わり、顔剃りに工程が移ったあたりで、
突如、店内BGMがラジオから、テレビに変更。
サッカー中継です。
そういえば、今ブラジルではワールドカップがやっているらしいですね。
どうやら今から日本がコートジボワールと対戦するそうです。
僕は元々スポーツ全般に特に興味がありませんので、
まあ大体ワールドカップで日本が初戦だって時に床屋に予約入れること自体、
かなりな無関心っぷりですけど、
とにかくそんなに思い入れはないわけです。

顔のうぶ毛を剃刀で剃られながら、
ああ、こうしてる間も
日本各地のお茶の間や
東京の渋谷とか
どこそこスタジアムやら
スポーツバーとかでは、
日本チームがゴールを決めれば、隣の人と抱き合い
逆にゴールを奪われれば頭を抱える人々が
ウヨウヨいて、それぞれ楽しくやってんだろうなあ。
みんな一斉にそれやってんだから、それはそれで不思議な光景だよなあ。
なんてぼんやり考えてしまいました。

結果は日本は負けちゃったそうですね。
夕方のニュースで、青いTシャツの小学生が
腰に手を当てて言ってました。
「いやあ、悔しいですねえ。まあ、次回に向けて気持ちを切り替えて頑張ります。」って、うーん、なんだかなあ。

個人的には、ワールドカップで思い出すのは
2002年 フランス大会でしたっけ。
夜にオケの後輩お勧めのラーメン屋で、ラーメン食べながら、テレビで試合見てました。
試合の事なんて、これっぽっちも覚えてないけれど
あの時のカウンターからの光景、
薄暗い照明などの様子、
今でもちゃんと覚えているなあ。






|

« たんぽぽ | トップページ | 和風ぴーかんなっつ »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たんぽぽ | トップページ | 和風ぴーかんなっつ »