« 思いつくまま | トップページ | 皮膚の老廃物を食べる小さな魚のように »

とんことり

林明子の絵本が好きです。
本当に素敵な絵です。
先日、図書館で「とんことり」を借りてきました。
どのページもみんないい。
どこがいいのか、色々書こうと思ってみたのですが、
実際試みてもみたのですが、
この絵の前では、ただ「いいねえ」とため息混じりにつぶやくことしかできませんでした。

幼い頃は誰しも子どもでした。

その頃肌で感じた事を、みんな大人になったら忘れていると思っていましたが、
本当はそれは思っているだけで、実はみんなちゃんと覚えている。
だから、この絵本に出てくる女の子の、顔の表情やちょっとした仕草、そう、指先の動きや脚の向き、ちょんと床についた手に、心が震えるのです。

絵本を何度も何度も見ていたら、
何だか胸が熱くなってしまった。

ああ、
僕の中には、まだあの頃の僕がいた。
こんなふうになってしまっても、
ちゃんといた。




|

« 思いつくまま | トップページ | 皮膚の老廃物を食べる小さな魚のように »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思いつくまま | トップページ | 皮膚の老廃物を食べる小さな魚のように »