« 画材屋の楽しみ | トップページ | 春めいて »

もーつあるとってさ



先日モーツァルトは、難しくて僕みたいな下手くそでは一小節も弾けないと書きましたが、
あれから数日経って、相変わらず弾けませんが、
ある事に気づきました。
まあ、当たり前と言えば当たり前なんですが、
二晩続けて弾くと、わりにモノになるというか、
つまり、余りにブランクありすぎると、音程が壊滅的になるので、繊細なモーツァルトさんの曲は、優雅とは対極の悪夢のような衝撃的演奏になるという、
要はちゃんとコンスタントに弾かなけりゃ、そりゃ楽器下手になるさって、当然ですよね。
ただ、やっぱモーツァルトは、それがモロに出る気がします。面白いくらいに。
弾く前に例えば全調で2オクターブの音階をゆっくり弾いた後に弾くと、気持ちいいくらい音楽が流れる。
それができた上で、音程の中の同じ半音でも、ちょっと狭さを調整すると、すっごくキレイに決まる場所が見えてくる。例えばジュピターの三楽章とか。
左手の指使いで、ガラッと変わるんです。
それから移弦のスムーズさがフレーズにモロに影響したり、それから八分音符四つ同じ音とかいった形で、それぞれをちゃんと均等に弾かないと途端に清流からドブ川に変貌したりします。
均等に弾いた上で、ちょっぴり遊べる余地は多分どっかにあって、でもその幅はいくらでもあるようにも見える。
まあ、そこまで行き着くには僕の基礎力じゃ無理ですが、でも上手〜くハマった時の気持ちよさをちょっぴり知ったら、
実は少し、好きになっちゃうかもしれません。
モーツァルトさん。

|

« 画材屋の楽しみ | トップページ | 春めいて »

ばよりん」カテゴリの記事