« 腰痛と心棒 | トップページ | キコキコの近況 »

自分

このところの暖かさに気を良くしていたら、
今夜はえらく冷え込みます。
噂では明日の朝は氷点下だとかなんだとか。
緩んだ身体に急な冷えは大敵。
体調を崩さないようにしなくてはいけません。

体調といえば、先日
あまりの腰のだるさに、いきつけの整体に行ってきました。
整形外科という選択肢も確かにありましたが、
以前行った際には、大して効かない注射と湿布の処方に正直幻滅していたので、
湿布の在庫はまだあるしで、今回は整体にむかったのでした。
そんな訳で1時間、みっちり観てもらい
いつもの倍以上ぐったりした身体で帰宅。
土日は首の凝りと全身のだるさとともにやりすごし、夜はばたんとベッドに横になるとそのまま就寝。
月曜には腰のだるさは無くなっていました。
身体は相変わらず疲れていますが、その疲れを疲れとしてちゃんと捉えられるだけでも大きな進歩です。
人って深刻に疲れちゃってる時ほど、自分の疲れを感じとれなくなってるんですよね。
だから、身体の不調として現れて初めて気づく。
心と身体は、密接に関わりあっている。
例えば解決しなくてはいけない仕事が山積みで、分単位で時間を区切ってやりくりしている時などは、首から上がかっかして、身体の下の方はそっちのけでジタバタしている。対人関係で何かストレスフルな出来事があると、胸のあたりが詰まって呼吸が浅くなる。身体は前屈みになり、それを踏ん張るために背中に負担がかかるから…
要は腰痛もそこからくるのでしょうか。

最近思うのは、人に何かを伝えることの難しさ。
伝えようとしても、やはり伝わる時はほんのわずか。その逆もしかり。人の伝えようとしていることを、なかなか自分が受けとれなくて、ぎくしゃく。
難しいですね。
わかってもらえない自己を受け入れるのは、最終的には自分である。
その孤独を受け入れる覚悟を、ちゃんとできるだけの強さを、もっていたいと思います。
他の人の知らない、気づいていない
誰も知らない、自分の姿。
その良さを認めてあげるのは、
自分自身でしかないのです。
そしてそれが、周りに押しつぶされそうな時に
守ってあげるのは、
やはりまず、自分自身なんでしょう。
明日は寒いそうです。

|

« 腰痛と心棒 | トップページ | キコキコの近況 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事