« ゆめ | トップページ | 冬の昼下がりに »

試験勉強

高校時代、今考えると本当に不器用で要領悪いなあって思うんですが
僕は恐らく元来、理詰めで考える事が苦手なくせに、自分の何処かで納得しないと何事も自然にできない体質らしく、
数学でも物理でも、教科書に太字で書いてある公式を何も考えずに丸暗記して、それに数字突っ込んでれば、定期テストだって無事通過したであろうに、
あの頃の僕ったら、こともあろうか情けないくらい頑固で、不器用で
なんと公式を導き出すとこからやっていた。
テスト中でもそうしていたんです。
おかげで、テストはいつも時間切れ。
例えばもし、僕がいわゆる頭脳明晰な人間だったなら、
きっとそれでもテストは、100点だったでしょうけど、残念ながら、その道の才能が僕には無かった。
ナットキングコールの歌を、深夜のFMで聴きながら、無意味な夜更かしをして、センターだって我ながら笑えるくらいの点数でした。

随分前置きが長くなりましたが、
実は最近、仕事の資格を取るために試験勉強をしています。ちなみに、それがあることによる仕事上のメリットは、あまりありません。

試験はマークシート方式。
試験に申し込むと、過去問集が貰えます。
それをしこしこ解いて、答を丸暗記すれば
大体合格点くらいは、いくらしいのですが…


そうです。例のごとく不器用な頑固者が僕の中には住んでいるわけで、
何でその答えなのか納得しないと先に進めないんです。
別に普段は理屈っぽくなんてないんだけど、
やっぱり自分の尺度の中に無い物に対して、変な違和感があるんでしょうね。
とにかく自分なりの位置付けというか、意味付けというか、そんなんやりたいんでしょうね。
(こういうの、けしてスマートではありませんが、僕自身はその事に対して、心の片隅でプライドすら感じて息をしています。)

ありがたいことに、
今の時代は、GoogleだとかYahooだとか、
いろいろありますから、
気になることは全部そこに突っ込んで検索をかける。
いいね、と思ったり感じたものはとりあえずプリントアウト。目が疲れやすいから紙媒体による反射光が心地良いからです。
ファイルがどんどん溜まってきます。

きっと、最近の受験生って、こんなふうに勉強してるのかな。勝手な想像です。
便利ですよね。自分の知りたい情報を、質を問わなければとりあえず量は集められますから、
ある意味試験問題は、新たな知への検索キーワードくらいの意味しか無くなってしまうものかもしれません。

試験は2月中旬。
家ではやる気しないので、
職場で現実逃避を兼ねて、ある意味意図的な楽しみを持って、取り組んでいます。

高校時代の僕とは、そこが大きく違う。
今は、勉強が現実逃避なのです。

へえー。




|

« ゆめ | トップページ | 冬の昼下がりに »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆめ | トップページ | 冬の昼下がりに »