« 実家の両親と | トップページ | たーもじー »

北風ぴーぷー

日曜の午後、
あったかいリビングで
もしょもしょ遊びながら、
息子くん。
歌をうたっています。

♪ かきねの かきねの まがりかど〜
たきびだ たきびだ おちばたき〜

あ、「たき火」だな。と僕、
聞き耳を立てていると、
息子くん、続きをうたいます。

♪ わ〜たろうか〜 わたろうよ〜

途端に脳裏に浮かんだのは、
火渡り神事。
燃え盛る炎の上を裸足で駆け抜ける、あれです。

ちなみに、この「たき火」
時々やってくる灯油販売の車の音楽なんです。
息子くん、その灯油販売のトラックのつもりで、
ミニカーを手に歌っていたのでした。

温かい陽射しが、リビングの床に当たって眩しいです。



|

« 実家の両親と | トップページ | たーもじー »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実家の両親と | トップページ | たーもじー »