« めりくりまつり | トップページ | 記憶に関するあてのない考察 »

基礎練習

演奏会も終わって、
近しい目標もなく、
かといって楽器は弾きたい。

曲をさらっても虚しいので、
やっぱり音階練習。ファーストポジションのみ。
メトロノームを鳴らして、
精度をひたすら上げるべく、
なんだか修行の様相すら見え隠れする事態ですが、

基礎練習は、多分上達の為の常套句で、
ちゃんとやれば、ちゃんとやるだけ発見がある。

ちなみに今夜の発見は
4の指が気を抜くと音程が下がる件について。
人差し指の向きと、肘の入れ具合というのが、
これまで意識していたポイントでしたが、
今日は人差し指の立て具合という視点が有効でした。

弓をなるべく大きくのびのびと使えることが、
豊かな音色と音量を作るために必要だと
よく言われますが、
僕は最近、
実は敢えて弓を小さく使おうとしています。
これは、きっと僕自身の中で求める音が変わってきたせいだと思うのですが、
とにかくかるーく弾いていたい。基本的に軽く弾いていたいんです。
多分、オケでモリモリ弾く環境が今は無いということもありますけどね。




画像は、娘ちゃんのクロッキー。
数秒で描かないと動きに追いつきません。

|

« めりくりまつり | トップページ | 記憶に関するあてのない考察 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めりくりまつり | トップページ | 記憶に関するあてのない考察 »