« 冬のささやかな音楽 | トップページ | 緑のシマシマから青のシマシマへ »

緑のシマシマ

半年前に楽器屋で替えてもらったドミナントが限界な音になってきたので、弦を交換しました。
新しい弦を買おうと思った矢先、
そういえば、半年前に買った弦があったなあと。
そうそう、あれは五月初め、オケの定期演奏会前のこと。
こりゃあ、音量上げんとヴァイオリンパート聞こえないかもしれんと思い、エヴァピラッツィなるえげつない弦を買ったんでした。
トラは集まらず、団員すら集まらない状況の中での判断でしたが、
その後調整に出した楽器屋の忠告に従い、ドミナントを張ったんでした。
新しい弦を買うのもめんどいですし、えげつないとはいうものの、このまま使わないのももったいない。
で、今夜、禁断のエヴァピラッツィを張ってしまったわけですが、
張力がかなり強いので、パキパキ楽器がいいそうで、多分楽器にあまり良くない気がしました。
まあ、新作なんで多少は無理は効くかもしれませんけど、こんなにハードな弦だったのね、エヴァさん。
弾き心地はあまりよくないなあ。
テンションの強い弦なので、鳴らすのにそれなりのパワーが要ります。そのパワーを筋力でなく、重力で作るのにちょっと苦労しそうです。
しばらくこれでやってみますが、弾きにくいようならドミナント買ってしまうかも。
でも、エヴァピラッツィ、結構値が張る弦だし、もったいないですよね。
うーん、悩みどころだ。

|

« 冬のささやかな音楽 | トップページ | 緑のシマシマから青のシマシマへ »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のささやかな音楽 | トップページ | 緑のシマシマから青のシマシマへ »