« 大も小も | トップページ | 冬のささやかな音楽 »

くれないの三日月

仕事帰り、
いつものようにハイビームで農道を照らしながら帰宅。
カーラジオのベルリオーズの電波状態が良くないので途中からCDを聴くことにしました。
兄が残していった膨大なCDコレクションから引っ張り出してきた今宵のアルバムは、
ジャズソウルのオムニバス。
三枚組の一枚目です。
ジャズソウルって何なのか僕にはイマイチわからないんですけど、
聴いている限りは、多分ベースやドラムがファンキーなビートを刻みつつ、例えばギターのカッティングやらストリングスのカーテンやらをバックにムーディーなサックスが鳴るみたいな。
うーん、分かりますか?
まあ、そんなタイプの曲たちを集めたアルバムです。
マスタリングがライノなんで音がいいんですよね。
その、音に包まれながら農道を走っていると、
何だか妙に似合う。
この季節には、多分こんな類の音楽が似合うのかもしれませんね。
どんな仕事でも、きっとその先には僕らが生きるこの世界全体があって、変な話どんな仕事でも、それは世の中に影響を与える。
自分の仕事はつまり、川が海に至るように、
最後のところで、世の中を少しでもよくするためになっているのだって実感を
感じて仕事するのと、そうでないのとでは、やっぱり違うんだと思いました。
今夜西の空に紅く沈みかけていた細く紅に霞んだ月を横目で見ながら家に帰ります。


|

« 大も小も | トップページ | 冬のささやかな音楽 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事