« 晩秋、曇り空 | トップページ | 十二月 »

チャイ5

学生時代にやった、チャイ5のパート譜が出てきたので、家で少し弾いてみました。まあ、チャイ5なんてこの先弾く機会なんて多分ないでしょうけどね。
これやってたのは、まだ二十世紀でしたから随分昔の事です。
あの頃かなり強引に、本当に力ずくでやっていたのと今とでは、同じ譜面を見ているのに全然違います。
何が違うのかというと、選択肢が増えたということ。
指使い、弓使い、いろいろな方法から効率の良いものを選んでいる自分がいます。
うわーっ、弾けない弾けないガルルルルって、がむしゃらな反復練習を繰り返していた若き日々。
あのみっともないくらいに自己の感情に素直な自分に、今くらいな余裕がもし、少しでもあったのなら、きっともう少しマトモな音出せてただろうになあ。まあ、無い物ねだりもいいとこですが。
それにしても、いい曲ですね。チャイ5。
あの頃の譜面を眺めながら、そして音を出しながら、いろんなこと思い出しました。
僕はもうあの頃みたいにはなれないのだけれど、
その代わり、あの頃と違ったものを感じたり思ったりもできます。
世の中何が良いのかなんてわかりませんけども、世界イコール自分ってくらい、自分が大きかった若さってのは、
それはそれとして、
上手く言えないけれど、
その中で精一杯やりきろうと、煙草ばっかスパスパ吸って、壁蹴りながら楽器弾き倒して泣いたり笑ったりしてたんですよね。
あの頃は。
それはそれで、よかった。
うん、よかったんですよ。
そして、今の僕は、今の自分の感じるままに、今夜も懲りずに楽器を弾いてるってことです。



|

« 晩秋、曇り空 | トップページ | 十二月 »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋、曇り空 | トップページ | 十二月 »