« 少ないことの豊かさ | トップページ | 違和感 »

扇の形の意味

もう十年以上前のことですが、ヴァイオリンのレッスンに通った時期がありました。
その頃は自由に使える時間もお金もある程度あったものですから、オケでコンマスしなくちゃいけなくなったりで、基礎力をつけるため通うことにしたのでした。
レッスンで言われたことを記録したレッスン日記は、今でも大事にとってあります。
いつも不思議だなあと思うのですが、
レッスンで注意されたことの中には、ある程度年月が経たないと理解できない事があるようです。
つまり、言われた事がちゃんと自分の中で理解するのに時に何年もかかるという事です。
僕にとってそれは、左手の形。
左手は、扇のように開くといいよという、先生のご指導された言葉。
最近やっと理解できました。そうしたら、すんごく弾きやすい。小指も楽に届きますし、形ができるので、指が最小限の運動で狙った位置にいけます。
ああ、こういうことかと思いました。

1384353644171.jpg

|

« 少ないことの豊かさ | トップページ | 違和感 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少ないことの豊かさ | トップページ | 違和感 »