« 緑地公園に | トップページ | 少ないことの豊かさ »

アンサンブル

オケの練習日でした。
といっても、オケをするほど今は人もいませんから、
小規模なアンサンブルの練習
今日はチェロと二人でアンサンブル。

小さい編成は、それはそれですごく楽しいものです。
楽譜は比較的簡単なポップスですが、
音程を合わせて弾くという行為を原初的な感覚で共有できるのです。
限られた音数でハーモニーを作るために、どの位の幅で二声を合わせるかを考えて弾かないと、場合によってはどうにもならないことだってありそうです。
今日さらった楽譜には、コードネームが書いてあって、あれ、結構便利でした。
それにしても、誰かと楽器を弾けることって、本当に有難い事です。
チューニングをしっかりと合わせることは、一緒に演奏体験を共有する相手への敬意みたいなものだなあと、ふと思いました。
チェロのC線とバイオリンのE線は、それぞれの楽器で普通に五度でチューニングした後で一緒に弾くとかなりずれているんです。あの幅を許容範囲内で寄り添わせていく事で、楽器同士が共鳴する可能性がひろがるのかもしれませんね。それと同時に忘れてはいけないのは、その開放弦を合わせる時に耳や心で起こっている事。
オーケストラだとチューニングでそこまでは難しい、少なくとも僕には難しいんだけど、小さな編成だからこそ、チューニング、しっかりしようと思いました。

1384183967294.jpg

|

« 緑地公園に | トップページ | 少ないことの豊かさ »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑地公園に | トップページ | 少ないことの豊かさ »