« じょーじょーじ | トップページ | 人→人 »

人間→犬

人間→犬
仕事休んで、人間ドックに行ってきました。
そう、そんな歳ですよ。
受付で貰った番号札を首から下げて、いろんな検査をすべく歩き回る。

血液検査
血圧測定
眼圧測定
腹部超音波検査
胸部エックス線etc.
バリウム飲んで胃の検査

成り行き上あるラインの中に放り込まれ、それこそ小さい頃近所の橋から見た河を流れる草の切れっ端よろしく、只々ぼんやりと流されていく時間。

そういうの、
結構好きなんですよね。

ぼーっと周りの景色やら空気やらを見つめて、自分の脳内に起きる記憶の化学反応に身を任せてみたり、
検査してくれている看護師さんやら技師さんやら、それから僕以外の検査を受けている色んな人たちの人間観察をして、少ない情報から様々な想像というか妄想というか、そんな物語を作ってみたり。
こういう時間とか気持ちって、作ろうと思ってお膳立てしても出来ないんだなって、最近気付きました。
そこには、あの冷たい鉄の壁みたいな、外的な重いアクシデントがあって、
それに個人の意志など関係ない次元で流されていく中で、感覚や想像力だけが勝手に動いている状態。
人間ドックが創作の源泉です。なーんて人、きっといないだろうなって、さすがに思うけど、
なかなか良かったですよ。
人間ドック
夏の日差しを窓越しに柔らかく反射する、白塗りの壁と年季の入ったエアーコンディショナーの埃臭くい冷気と共に息する平日午前10時過ぎ。

|

« じょーじょーじ | トップページ | 人→人 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じょーじょーじ | トップページ | 人→人 »