« はて、今週末は | トップページ | 寝顔 »

おやすみなさい

おやすみなさい
布団に大の字に寝転がる。
天井の灰色を見るともなく眺めると、
背中の力がふわあっと解けていく。
ああ、こんなにも自分の背中は力んでいたのだなあと思いながら、
その弛み始めた背中が段々と溶け出してシーツを伝って広がっていくことを想像する。
身体は、
例えば真夜中のダイニングテーブルに落ちた氷の様に溶解し続け、
やがて夜の海と一つになる。
遠くに聞こえる波の音。
水面に映る月の影。

そうして今夜も
いつしか眠ってしまうのです。

おやすみなさい。

|

« はて、今週末は | トップページ | 寝顔 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はて、今週末は | トップページ | 寝顔 »