« モーツァルトぼけ | トップページ | いちごがり »

楽器の練習

楽器の練習
今夜もキコキコ、
ハフナーとベト2
電子メトロノームをピコピコいわせながらさらってます。
速い曲をさらっていて、細かい音符が弾けないのは、意外と左手の問題ではなく、むしろ右手のボウイングの問題である場合がままあることに気付きました。
移弦で微妙に遅れたり、苦手なフィンガリングで左手に必要以上に意識がいったりすることで、左右の手の動きがシンクロせず、テンポが崩れるか、あるいは崩壊するかしてしまうのです。
若い頃は、それを単に練習不足だという認識のみで、やみくもに反復練習をしていましたが、今思うのは、あれではけして弾けるようにはならないばかりか、逆に完全に弾けなくなるような練習だったということです。だって、原因に気付かずに同じこと何度も繰り返してたら、弾けない状態を反復して強化するだけですものね。
それでも、若さの情熱ってそれなりに力のあるもので、気合いでなんとかなるケースも確かにありましたが、多分、今でもそれやってたら、身体壊しちゃいますよね。
速い曲を弾くには、僕の実力ではおっつかないので、テンポに乗っかるために、一つ一つ無駄を削っていくしかありません。
左手の形、指使い、弓を持つ右手の形、弓の角度、毛の張り具合、肘の高さ等々
思い付く限りいろいろ試しながら練習します。
そうすることでいろんな意味で身になるような気がしてきました。

それから、最近面白いのが、音を作る作業。
例えば、8分音符のスタッカート。
元弓で弓の量を少なくするか、中よりまで使って半とばしにするか、中から先でとばさず切るか、中弓か重心あたりで短くとばすか、
弓の角度は立てて粒を出すか、寝かせてソフトにするか、
左手はビブラートをかけるか、指は立てるか寝かせるか、叩くかのせるか、明るく音程とるか低めにするか
いろいろ試しながら作っていく。
そうしてここは、こう弾くっきゃないでしょって勝手に思って、例えばCDやネットの動画なんか観ると、プロは僕みたいな下手くそとは次元が違って、全く思いもよらないことをしていたりすることがあります。
で、もう一度楽器弾いてみて、何でそうしたのか、その演奏方法の裏にある根拠を考えてみるんです。
すると、たまに
はあ! そういうことなのか! なんて、少し分かることもあります。
そうすると、ちょっとだけ世界が変わって見える(笑)
音楽って面白いなあって思うんです。

|

« モーツァルトぼけ | トップページ | いちごがり »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モーツァルトぼけ | トップページ | いちごがり »