« 腕はどこから | トップページ | 折り紙の雨につられて »

めりくりまつり

めりくりまつり
いつからでしょうか。
クリスマスが、欲望の大博覧会に見えてしまうようになったのは(笑)。
まあ、僕はクリスチャンではないので、本当の意味での清らかな気持ちは、元々感じられなかったとしても、昔はもう少し、あの雰囲気に酔っ払えたはずなんですけどね。
サンタクロースは、大人にはやって来ないそうですが、
確かに。
サンタクロースなんて来たら、多分駄目になりますよ。
大人は(笑)
欲が体中から、滲みだしているんですから。

そんなクリスマスイブ(笑)。

夜中に足が冷えてしまったせいで、何だかうまく寝付けず、
結局キッチンで欲に任せてビールを飲みながら、
どこかで鈴の音でも鳴らないかと
耳を澄ます今夜。
まあ、そんなことしても、鈴の音はするはずもなく

つまりは、
クリスマスってのは、
今がどんなであっても、
今が無条件に満ち足りていることを確認する日なのかもしれません。
幸せは、元々外にはなくって
実は昔から自分の内にあった。
サンタクロースは、どこかからやってくるのではなくて、
すでに当たり前にそこにいたのだと

|

« 腕はどこから | トップページ | 折り紙の雨につられて »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腕はどこから | トップページ | 折り紙の雨につられて »