« 肌寒い夜のジェームス・テイラー | トップページ | 3日弾かなかったら »

ベートーヴェンはお好き?

ベートーヴェンはお好き?
僕にとって、楽譜を解読するのは至難のわざ
よくよく見ると、益々よくわからなくなります。
専門的な話は分かりませんが、例えば冒頭からの16分の動き、出てくるごとにフラット増えて、調が変わっていく。9小節目で落ち着いた気がするのは、調が戻ったからだとすると、11小節目は短調っぽくて、そのあと長調に変身。パッと花開く?のは僕の妄想
9小節目は堂々と
11小節目は少し陰りを見せるために小さめ?音程の幅をちゃんとあける。
そのあとパッと花開かせるには明るめの音程にしないといけない?
というか、その場その場の調でよくよく考えると、音程の幅って微妙に変えないといけないかも?
アレグロコンブリオの2分音符と8分のタイは、拍分ちゃんと音を埋めると長いフレーズが生まれました。この5小節目のF#は高めにとると感覚としてしっくりきますが、何故だかはよくわからない。
Bのアウフタクトの8分はしっかり拍分時間を使って音色も作らないと始まらないかもしれない。次の8分のスタッカートは階段を駆け上がるように弾きたいけど、長さはどのくらいがいいのかなあ。

なんて、この曲の一ページ目だけで路頭に迷います。
趣味で弾くからには、この曲はこういう曲だよねーってちゃんと伝えられるように弾きたいなあ。ちゃんとするのは絶望的に難しいけども、ベートーヴェンさんは、きっとあるシステムとして曲を構成しているんだとするならば、例えば建物の骨組みだとか分かった上での演奏をすることができたなら、自主的な自由さが生まれるのかなあ。

|

« 肌寒い夜のジェームス・テイラー | トップページ | 3日弾かなかったら »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肌寒い夜のジェームス・テイラー | トップページ | 3日弾かなかったら »