« 白昼夢日記 | トップページ | 秋の日差しとビーチボーイズ »

やれやれ

やれやれ
決めてかかるのは簡単だ。
いっそ、こうだと決め付けてしまえば
世の中はずーっと見通しが良くなる。
秋の高い青空のように
澄み渡っている。

でも、それは現実じゃない。
居心地はいいけれど、
数日もすれば自分のどこか隅っこの方から
じわじわと腐敗が始まる。
いっそのこと
決め付けてしまえば楽なのに
でも、
それじゃあつまらない。

そんなこと
仕事の帰りに思いました。
歳とったり、仕事それなりに長くしてたりすると、
周りの人の僕に対する見方が変化してくる。

それに巻き込まれちゃ、
やっぱりいけない。
いつでも一からやり直せるような、そんな身軽さをちゃんと心の奥に秘めていないと、
毎日ががんじがらめ。
いけないのは、自分自身。
人の物差しで自分を測っちゃやっぱりだめです。
人の評価が良くても悪くても(良い場合が特に厄介ですが)
所詮あるものしか、ありゃしません。
五十円しかないのなら、
それをそのまま、何にも考えずに五十円分だけする事が大切なんでしょうけど、
これって、ちゃんとしようとするとすっごく難しいのです。
虫とか、草とか、こういうことに関してはすごく上手だなあと尊敬しちゃいます。
やれやれ、いつまでたってもダメだなあ。

|

« 白昼夢日記 | トップページ | 秋の日差しとビーチボーイズ »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白昼夢日記 | トップページ | 秋の日差しとビーチボーイズ »