« 表現と距離感 | トップページ | 6周年 »

武士の世界2

武士の世界2
最近は、楽器を手にすると、とりあえずまずは音階練習。
前は全調をアルペジオ込みでひたすらやってましたが、最近は調を決めて、3オクターブとアルペジオ、三度と六度、八度と十度をゆーっくりゆーっくりと。
そこで終わって楽器をしまうこともあれば、ちょこっと曲をさらうこともあります。
最近のお気に入りは、バッハの無伴奏を少しずつ、ゆーっくりさらうこと。
何だかオケのいろいろなパートをバイオリンに詰め込んだような譜面に、ちょっとしたオケ気分を味わうことができるのです。それが楽しい。
バッハは、ものすごく考えて考えて、作っているのが、僕みたいな音楽に疎い下手くそでも分かるんですから、バッハは偉大ですよね。

そんなこんなで、バッハをスローモーションでさらう日々ですが、これ、最初の音階練習をサボると全然弾けないんです。
基礎練をすごく大事にやることが今の僕にとって、必要なことかもしれません。
こんな地道な練習。
結構楽しいんです。

|

« 表現と距離感 | トップページ | 6周年 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表現と距離感 | トップページ | 6周年 »