« ロンドン風呂 | トップページ | ジャムセッション? »

音楽って

音楽って
オケに限らず、誰かと一緒に演奏するということは、冷えきった心を柔らかく温めてくれるこもあれば、反対にとことん絶望的な孤独の谷に突き落とされることだってあります。
むしろ前者のような幸せな感覚は、本当のところ稀なのかもしれません。(あくまで僕にとってはということです。)
オケの曲は元々、大人からバイオリンを始めた僕にはちょっとどころか、かなり無謀なわけで、まず弾かなくてはいけない音符の数がざらじゃありませんし、楽器の演奏技術的な問題に加え、読譜能力の圧倒的不足のため、時には譜読み中にフリーズ状態になることもままあり、大抵そんな時は、一人冷や汗をかくことになるのですが、この辛さ、きっと味わったことある人にしかわかりません。

練習の量では何ともならない事だって、認めたくありませんがあるような気がします。小さい頃から、何らかの音楽的教育というのをしっかりと受けてきた人とは根本的に違う。それはしょうがない。
そのことを思うとき、果たして僕みたいな人間が音楽を嗜むなんて所詮お門違いなんだろうかと落ち込むこともありましたが、反面心の底では、そんなことは許せないという気持ちもあって、きっとそれが大学時代の僕を馬鹿みたいな猛練習に駆り立てたのでしょう。今にして思えばそうだったと思います。

|

« ロンドン風呂 | トップページ | ジャムセッション? »

おけ」カテゴリの記事

コメント

うん。わかる。。。
私はピアノとか習ったことないから、楽譜を読むのがすっごく遅いんだけど、音楽の楽しさはわかってるもん!って思いたいんだよね・・・。
もっとラクして楽しみたいと思う反面、頑張って頑張って頑張らないと楽しめないっていうのも実感としてあったり。自分の中にずっとある矛盾。

投稿: なつこ | 2012年8月 6日 (月) 11:24

そうなんです。
まったくそのとおり!
音楽の楽しさはわかるんだもんっ(笑)

僕は昔、あらかじめ決められた正しい音楽ってのがどこかにあるって思っていましたが、最近はあれ、勘違いとか幻想なんじゃないかなって思うんです。
最近は、その上で悲観せずに、もう一度音楽ってなんだろなあと考えてみたいんです。
コメントありがとうございます!

投稿: tkm | 2012年8月 7日 (火) 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンドン風呂 | トップページ | ジャムセッション? »