« テレビ村 | トップページ | ロンドン風呂 »

夜更かしFRIDAY (TO SATURDAY)

また、うっかり夜更かし。
いつの間にかこんな時間。
ビル・エヴァンスとジム・ホールの有名なデュオアルバム
「アンダーカレント」
を聴いています。
こんな風に、いつの間にか寝る機会を失ってしまった、睡眠難民にとっては、
格好のBGMに成り得る音楽です。
ジム・ホールのギターの音がいいですね。
この音を聴くと、暗闇から緑色の光が見えます。(出た!いつもの個人的すぎる妄想イメージ)
このアルバム、
いわゆるジャズの名盤と呼ばれる部類のものなんですが、
結構地味な音楽です。
冒頭の「枯葉」は、エキサイティングですが、
それ以降は、実に地味です。
まるで煮え切らない二次会、或いは三次会のような、
出口のない深夜のうだうだを思わせる曖昧さ(笑)
まあ、だからこんな夜中の1時過ぎに聴く音楽としては、
お似合いなのかもしれませんね。

そうそう、
何でこんな時間まで起きてしまったのかというと、
楽器を弾いてしまったからです(笑)
息子君が寝てしまった時に、
一緒に寝ればいいものを、
うっかり楽器ケースを開けてしまった。(だって明日は土曜日ですからね)
そうなったら、あとはいつものお預け食らった犬状態です。
今日は、2オクターブの音階を全調でやった後、
勢い余って、
10年以上前に今いるオケの最初の定期演奏会で弾いた
ベートーヴェンの2番の交響曲を
全くもって理由もなくサラってしまいました。
いい曲ですねえ、べト2。
昔、楽器を習いたての頃
八ヶ岳のふもとでレッスンを受けていました。
優しいおばあちゃん先生は、
教本の簡単な曲でも、
合格もらったからもう弾かないんじゃなくて、
これからもずっと弾いていってねって言ってましたが、
あれ、やっと少しは解った気がします。
曲のこと、
解ることって、
たとえどんな曲であっても、
一生ものの作業なんですね。
今日、べト2サラったら、
前と全然違う。
楽器は、確かに10年前よりコントロールしやすくなった。
でも、それが理由の全てではない。
曲そのものの解釈のスキルが、
いつの間にか身体に染込んでいるのです。
だから、ここはこう弾いたら、フレーズの良さがでるのではないかといったイメージがいっぱい降ってくる。

結果、夜は更けていく(笑)

続けていくことは、大切なことですね。
新しい自分に出会うことができるから。
日曜日、
久しぶりにオケの練習があります。
僕にとって、大切な空間。
これからのことは、正直わかりません。
どこに価値基準を持っていくのか、
それが大切なんでしょうね。
僕は、この空間で
ただ、楽器が弾きたい。
メンバーのみんなの音を聴きたい。
自分の音も、そこで鳴らしたい。
ただ、それだけなんですけどね。

|

« テレビ村 | トップページ | ロンドン風呂 »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビ村 | トップページ | ロンドン風呂 »