« 朝の散歩 | トップページ | もぐらのバイオリン »

夜中に目が覚めてしまい

夜中に目が覚めてしまい
台風12号の影響で、時々強い風が窓ガラスに圧力をかけます。
夜中の二時半
こんな時間に、ぼんやりと一人CDを聴いています。
最近ふと気付くと息子くんと一緒に寝ちゃってることが多いんですが、
今日はふと目覚めて、
冷蔵庫で冷やしてあったビールを二缶飲んだら目が冴えてしまったのです。

キャロル・キングの歌がききたくなって、「つづれおり」を聴いています。
夏の終わりに北海道に行った時のことを思い出しています。
旅行って、いいものですね。
日常とは違う環境に自分を置くことで、何気ない風景がとても印象深く感じられます。
目にする景色には、それを見ている自分の心が映っている。
その時の心の風景が、記憶に残って、何かの拍子にふと思い出されるのでしょう。

美瑛のJAの駐車場、
午後六時過ぎ
動物園ではしゃぎすぎた息子くんは、チャイルドシートに包まれて爆睡中。
外食を諦めて、奥さまがテイクアウトの食事を買いに行ってくれている間、
その時僕は、運転席でカーステレオを聴きながら、高い夕空を見上げていました。
沢山の鳥がねぐらに向けて飛んでいきます。
トンボが風に乗って目の前を横切りました。
大学生でしょうか。レストランのデッキに若い男女
白いキャンバス地のパラソルの下で冷たい飲み物を飲みながら、何やら楽しそうに話しています。友達同士か、恋人同士か、その何ともいえない距離感が素敵でした。
男女が店を後にすると、ガラス張りの店内にはいつしか電球が灯り、
白いエプロン姿の背の高い店員が、デッキのパラソルを畳んで店内に運んでいきました。
空はピンク色に染まり、
ラジオからはキャロル・キングとジェームス・テイラーの歌が流れだしました。
僕は息子くんが目を覚まさないように注意しながら、ほんのちょっとボリュームを上げて、
もう一度、ぼんやりと空を眺めることにしました。

それだけの光景
ただ、その光景にキャロル・キングの乾いた歌声が実に合っていたのです。
だから印象に残ったのかもしれませんね。

|

« 朝の散歩 | トップページ | もぐらのバイオリン »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝の散歩 | トップページ | もぐらのバイオリン »