« 2004 | トップページ | 夏至の夜 »

肩当て

肩当て
以前から、合奏中楽器を構える時、肩当てが脱落する事が多くて、
拾ってると演奏自体から脱落してしまうので、
しょうがなく肩当てのないまま弾いていたのですが、
いっそのこと、肩当てなんてやめてしまえ!
とばかりに、先日から肩当て無しで弾きはじめました。
鎖骨の上に乗っかった楽器は、何だか思っていたより軽くて、上下左右によく動かせます。
顎と鎖骨の間で挟むというよりは、鎖骨の付け根からピローンと生えている感じ。バランスをとってそこにいます。
肩や腕がフリーになって、よく動かせます。
親指を意識すると、手全体も楽に動かせました。
肘を意識すると、ポジション移動も比較的楽です。
もしかして、肩当てって無いほうが楽に弾けるのか?
ほんとかなあ。
まあ、しばらく試してみます。

|

« 2004 | トップページ | 夏至の夜 »

ばよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2004 | トップページ | 夏至の夜 »