« ドミナント | トップページ | ハムスターの昼寝 »

台風が近いようです。

200908092027000
母校の大学オケの定期演奏会を聴いてきました。
どろぼうかささぎ序曲(ロッシーニ)
幻想序曲ロメオとジュリエット(チャイコフスキー)
交響曲 二短調(フランク)

少しおとなしい感じでしたが、フランクの終楽章あたりは、若い勢いがあってよかったです。
愛知県芸術劇場コンサートホールは、残響が満席時に2.1秒らしいのですが、音はよく届くのですが、響きすぎて音の立ち上がりや輪郭、質感がぼやけてしまうようです。
よい意味で、あらが目立たないのですが、生の響きが分かりにくい気がして、何だか少しもったいないなあと感じました。

普段は、オケを客席で聴くことが少ないのですが、こうやって少し離れた場所で見ていると、いろいろな発見があります。
残響の長いホールでは、音の立ち上がりをはっきり見せて、細かい音符の隙間を見せる弾き方が必要なのかなあと思いました。
よく響くホールなら、弦楽器のビブラートも控えめでいいかもしれませんね。響きはホールが作ってくれます。
それから打楽器と金管楽器は、ある程度オケ全体を操作することができると感じました。特に音の立ち上がりやタイミングによる全体への影響が大きい気がしました。それだけ一発の重みが恐そうですが…
アンコール後の拍手を聴きながらこっそりホールを後にしました。階段を降りている最中も拍手の音がスピーカーから聞こえていました。
これから打ち上げの飲み会でしょうか。
外に出ると雨がしとしと、台風が近いようです。

|

« ドミナント | トップページ | ハムスターの昼寝 »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドミナント | トップページ | ハムスターの昼寝 »