« 二日酔い | トップページ | 趣味の効用? »

冬眠

ヤマネという生き物は冬が来ると、

木の洞の中でおがくずにすっぽりと包まれて、

春が来るまでずーっと眠っているそうです。

冬眠するってことなんですが、

人も冬眠できたらいいのになあ。

なんてぼんやりと考える今日この頃です。

僕の勝手な想像ですが、

春におがくずの中で目覚めたヤマネが、

まぶしい日の光に目を細めながら、外の景色を見るとき、

きっと新しい自分になっているような感覚になるのではないでしょうか。

自分の内に降りていき、じっくりと滋養を蓄えて、

春にどんな形であれ、新しく生まれるのです。

そんな冬眠を、人もできればよいのですが。

黄色い日の光に照らされた朝もやの中から、

この季節特有の、あの薄い水色の空を見上げていると、

今日も鳥たちが群れを成して飛んでいく。

家は海に近いので、たまに遠くで船の汽笛が聞こえます。

そんな冬の朝が僕は好きなんですが、

眠ってちゃ見れないんだから、

冬眠しなっていうのも、いいかもしれませんね。なーんて。

|

« 二日酔い | トップページ | 趣味の効用? »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二日酔い | トップページ | 趣味の効用? »