« 森の怪物 | トップページ | おでかけ »

演劇素人論

演劇の経験なんて、小学校の学芸会ぐらいしかないからわからないんですけど、

俳優さんって、きっと、何度も何度も稽古をするなかで、

役の人物が、この時、どんなことを考えて、どんな背景があって、この言葉を発するに至ったのかということを、一つ一つ、作り上げていくのかなと、勝手に想像しています。

今朝は、カクスコという劇団のお芝居のビデオを見ました。

休日の朝日はとっても気持ちいい。ぼんやり考え事です。

役になりきることは、物語の中に出てくる、自分とは違う世界に住むある人間のことに思いをめぐらせて、その人のことをわかろうとし、受け入れるという、本当に丁寧な営みな気がしてきました。

台本どおりにやることが、芝居の目的ではなく、

役に寄り添う行為が芝居なのかしら。

そう思って、演劇を見ると、面白いのかなあ。

僕は演劇には疎いんですけど、なんで演劇のこと考えてるんでしょうね。

近所の家の洗濯機がガタゴト言っています。

|

« 森の怪物 | トップページ | おでかけ »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の怪物 | トップページ | おでかけ »