« 浦島太郎 | トップページ | 蝉 »

あるあるないない

あるということは、

それがないことで、

いっそう意識されることがある。

でも逆に

それがあることで、

ないことがいっそう引き立つことって、

どんなだろう…。

その存在がその不在を意識させるという存在。

なんかとても切ない存在ですね。

そこにいるのに、いないことを考えずにはおれない。

なーんてね。

そんなこと、脈絡もなく頭に浮かびました。

お盆ですね。

ところで、休符も音符だよって、よく言われますが、

もっと深く、そのことについて考えてみると、

実は、とっても奥深い。

あること。

ないこと。

ないことがある?

あることがない?

ないとあるとは表と裏か。

あるがあるから、ないがある。

ん?

|

« 浦島太郎 | トップページ | 蝉 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浦島太郎 | トップページ | 蝉 »