« 雨上がり | トップページ | ひとりごと »

おけのおと

昨日はオケの練習日、譜読み予定のコンチェルト譜面が手に入らず、パートと個人練習の一日。パートに新しい団員がどんどん増えて、オケ初めてという人も結構いて、普段当たり前に弾いている弾き方というものを整理して伝えなくてはならなくなってきました。ずっとオケで弾いていて、そういうもんだと思っていることのなかには、それをどこかで誰かに教えてもらったんだけど、どうやって練習したのか怪しい部分があります。

ばよりんパートのメンバーのほとんどは大学オケの出身で共通のスタイルがあります。それはある意味6年目に入ったこのオケのばよりんの音なのかもしれません。新しくこのオケに入り、オケを始めようとされるメンバーにそれを伝えていくこと。それは、今後のオケの音のためにも大切なことだと思いました。まずは頭の中を整理しなくてはいけませんが…

後半、またガシガシばよりん練習。

改めて意識したことは、指は骨格の構造上、第一関節からではなく、むしろ手首からはえていること。手首は僕らが考えているよりももっと上にあるってこと。腕は肩からじゃなくて鎖骨の付け根や肩甲骨から腕であること。

身体は不思議です。そう考えると無理のない弾き方のヒントが見つかることが多いです。

|

« 雨上がり | トップページ | ひとりごと »

おけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がり | トップページ | ひとりごと »